イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

殴る親父!

時々、日記で登場していた愚息だが、彼も中2。14歳となった。
新しいカテゴリーとして「息子」を新設した次第。

こちらはお盆休み、あちらは夏休みで、否が応でも接する時間はほぼ一日に及ぶ。
今日はまたまた殴ってしまう。

「おい、アホ、どんなゲームやってんねん」
「知るか!うるさい」
※で、こめかみを目がけてグーで一発!口に運んでいたゴハンを口から吹き出しつつ
「何すんねん!」

「だから、アホはどんなゲームに興味あるか知りたいねん」
「オヤジにはわからん。黙れ!」
※で、更にグーで一発。

その後部屋に閉じこもり、悔し涙に噎ぶ愚息。

☆こいつ、俺に似てきた。30年ほど前の、僕と父親の関係そのものではないか??
僕は父親を今だってある部分、赦していない。絶対赦せない何かがある。
それはいったい何なのか?今もわからない。

愚息が年頃になるにつれ、モーレツに腹が立つ自分に気づく今日この頃。

今は体力的に圧倒的に有利な立場に僕が在るため、必ず有無を言わせず殴る。
が、なんだか自分を殴っているよう。あの頃の自分を殴っているよう。

今、ヤツは最初の迷宮に居るハズ。
何をどうすればいいのかわからない。ただ、沸き立つ怒り、情熱(とまでいかない熱)だけがカラダを走っているハズだ。
性欲でさえどうしていいかわからない状況で、ただただ苛つく。
その初期段階。
僕にもあった。腹が立った。絶対的に敵であったのはやはり父親だった。

だからやはり彼の今の仮想敵はボクなんだろうな。少し悲しいが…。
by nestvision | 2006-08-12 20:28 | 息子