イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

2012.4.28 OSAKA 梅田藝術劇場
b0025405_20218100.jpg

待ちに待ったという感の劇団☆新感線による”いのうえ歌舞伎”『シレンとラギ』を観る。
最初に言っておくが、拙者は新感線は大好きだ。もしかしたらファンかもしれぬ。かつての初期の新感線には首を傾げた時期も確かにあったが、一線を越えてからの彼らのエンタテイメント芝居の求道者としてのスタンスにはリスペクトしている。

…で今作である。
南北朝をモチーフにした新感線座付きの中島かずき書き下ろしの脚本。
まさにギリシャ神話のオイディプス王の悲劇を南北朝時代のフレーバーで焼き直した様な感じ(…と僕には見えた)が最近の新感線の流れから少々奇異に見えた。
芝居の作りには何も文句はない。目を見張る演出と名優揃いによるキャスティング、エキストラに至るまでが名優たちという舞台の完成度は相変わらず素晴らしい。
で、その客寄せに藤原竜也と永作博美というダブルメインというインパクト。
どうやらここらに今作のモヤモヤとした観後感の原因があるような気がするのである。
どちらも大手の芸能プロの看板タレントである。いのうえに上る前に様々な駆け引きがあったはずだ。
結局この二人によるダブルメインを成立させる為に、中島+いのうえが扱い易い新感線のメンバーが脇を固めた結果、どうも新感線ファンの消化不良を招いた様な気がするのである。
そう考えると古田新太の場所はあの役であって、それは新感線ファンとしてはとても曖昧な位置になってしまったというワケである。
大きな疑問といえばそこだけである。もしこれが中島+いのうえの100%クリエイトであるというなら「次回期待!」って事でお茶を濁せるが、大手芸能プロや、興行主であるテレビ局などの意向が錯綜し合って、あぁなっているのならば、事態は深刻で、新感線にとっては黄色信号である。

よくわからない概念論はこれくらいにして…、

高橋克実のゴダイ大師はハマり役だったし、今作のMVPだったような気がする。逆にダブルメインの右舷、藤原竜也は当然ながら余裕の演技で、蜷川作品で彼がみせるギリギリ感が無くて少々不満。左舷の永作博美はちょっとあの役には可愛い過ぎてダメだったかもという気もする。演技云々ではなく永作の発するオーラが、あの設定には合わなかった。
今回の照明プランはスゴいなと思ったが、音響がなぜあのマイクトラブル頻出なのかが理解出来ない感じ。

総括として…。
劇団☆新感線の定期公演はファンにとって祭りである。そういう意味での祭り感には少々そぐわない脚本だったし、何より看板役者である古田新太のカブキなシーンがあまり観れなかった。
それは不満というワケではなく、何だかトンカツを頼んだのに、トンカツソースでは無くそのままどーぞ!と言われた感じで、どうにも釈然としない感想を多くの観客が持ったのではないだろうか?

なので★★☆☆☆。



Hi
by nestvision | 2012-04-29 20:48 | 観ました!review
2012.4.22 OSAKA In→dependent Theatre 2nd.
b0025405_1957952.jpg

初めて山浦徹率いる「化石オートバイ」を観た。
キャストはおなじみの布陣でそれなりの担保はあったし、何より名優、坂口修一出演という機会を得て、日本橋に足を運ぶ。
いわゆる小劇場芝居としては完成度が高かったし、脚本もきっちり成立、そして何より役者の上手さが心地いい芝居だった。
ただ、これはもう文句をつけたらココです!って感じのヤカラな感想を言うと、「玄人好みの芝居」であった事は事実。もし小劇場が初めてという人が、この芝居でどこまで理解が及んだか?には少し疑問符がついた。
それとロックンロールというモチーフが少々浮いてはいなかったか?
いわゆるSFファンタジーにヒューマンドラマを織り込んでという作者の意図の緻密さはものすごく理解出来たし、そういう意味では料金以上の小劇場魂を魅せて頂いた。
次作も楽しみなのである。




R
by nestvision | 2012-04-29 20:10 | 観ました!review
チケットご予約!
お待ちしておりま〜す!




只今、絶賛予約受付中です☆キャパが少ないため出来るだけ早めにチケット予約をお願いします。
今回はふたりバージョンのライブに加えて、あのHer Bandも参戦してのcaboのすべてをご堪能頂けます。
場所はなんばの駅からとーっても近い[music bar SORA]さんです。


cabo & Her Band
「水無月ハイパーロックの夜」

6月10日(SUN.)
18:00 OPEN
18:30 START
¥2,500円(1drink代別)


music bar S.O.R.a
大阪市浪速区湊町1-3-1-1F
(なんばハッチのビルの1F、高速入り口付近です)

現在チケット予約を電話のみで受け付けています。
予約受付 06-6644-9292
お電話のみの受付で12:00〜20:00の時間に電話して下さい。
by nestvision | 2012-04-21 00:35 | ミュージシャン修行
2012.04.19 KOBE Fugetsudo-Hall

劇団神戸による「赤シャツ」の初日を目撃するため、神戸凮月堂ホールへ。
関西演劇界というか芸能界の重鎮である夏目俊二が、劇団M.O.Pで一世を風靡したマキノノゾミの脚本を演じるというのはとても面白くてエキサイティングな企画だと思う。
良いものは取り入れるという、劇団神戸主宰の夏目さんの創作魂を感じたのである。

今回はとにかく舞台美術が秀逸だった。転換も手間がかかりそうだったけれど、機敏な転換で見ていてもそれほどしんどくなかったし、何よりも美術から時代に入って行ける自然さがあって好感が持てた。上手側のカーテンレールにどうやら不備があったみたいだが、今日からはきっと改善されてるハズ。

主演の石本伎市朗さんの演技はさすが。あのセリフ量を何なくこなす名人芸をみた感じ。とにかく赤シャツの格好つけが上手く伝わったし、嫌な人間にしていなかった所が上手いなぁと感心した。

そしてやはり劇団神戸といえばこの人…って感じの下女ウシを演じた小倉啓子さんの演技には目を見張るような役者魂を見た。その雰囲気で一気に客席を松山に連れて行ってくれた感じ。セリフのないサイレントでの芝居が本当に上手で秀逸。

我らがいこまみちおさんは、あのうらなりで登場。年齢的にかなりギャップがあるのだけれど、なんともうらなりな感じで、好演されていたと思う。

今作では改めて「坊ちゃん」という文学作品の奥の深さを思い知らされた感じ。多分中学生の頃に読んだまま、知ったフリだったのだが、再読してみたいとこの舞台を見てそう思った。
実は今の大人は皆どこか赤シャツの様な後ろめたさを感じて生きているのではないだろうか?

そして最後に主宰の夏目俊二さんによる「坊ちゃん」のナレーション。これはもう流石としか言いようが無い。お声に無鉄砲な若者をそのまま乗り移す事が出来るなんて、あのお歳で凄いなと迫力を感じた。

今作はマジで必見の舞台。
22日まで、神戸凮月堂ホールです。
行ける方は行かないと後悔します(笑)

個人的には★★★★★で、最後にスタンディングオベイションを送りたかったけれど、凮月堂ホールなので我慢しました(汗)

b0025405_12122735.jpg

by nestvision | 2012-04-20 12:13 | 観ました!review

矢内さんのコト

2012.04.18 OSAKA Kitashinchi. Bar Kiwa

b0025405_16533620.jpg

後輩薮内のサプライズ企画で、大阪に出張されていた、ぴあ株式会社の創業者であり、現在も社長をやられている矢内廣さんと、限られたメンバー、そして久々にご一緒する機会となった。

僕がぴあを辞めたのが96年。まぁいろいろあったけど、その後自分が図らずも社長業をやる事になり、当時の矢内さんの考えていた事が後になってわかるという二十年弱を過ごして来た。
昨夜は、元々早稲田を出られ若松組で記録映画の制作をやられていた北新地のママのBAR。なんと当時のぴあに情宣に行って対応に出て来たのが映画担当だった矢内くんだったという。
その昔話に渡邊健太アニキ、遠近子分と共に楽しい時間を持てた。

去年の夏にやはり同じように木戸と唐沢の采配で矢内さんとの再会を果たしていたので、少しは気が楽だったけど、やはり人生のメンターに対面するのはひどく緊張する。

矢内さんとの再会も嬉しかったけれど、薮内や木戸、唐沢という今の首脳陣が、何とかイシハラと矢内さんとを会わせようと骨を折ってくれるのが本当に嬉しいのである。

昨日一つだけウソをついた。
メガリスでの写真、本当はマジで机の中に常に入れている。恥ずかしかったから作り話にしちゃったけれど、あの頃のぴあが無ければ今の僕は何も無かったと思ってる。
by nestvision | 2012-04-19 16:39 | 日記desu

yodare @ 0417

イシハラが週一回、店主を努める怪しいバー「火曜yodare」は欲望渦巻く大阪・北新地にある忘れ去られたような佇まいの小さなバー。
今夜ももいろんな人が訪れる。それはまさに”メディア”そのものだと思うのです☆

意外と人の多かった北新地界隈。当店にも懐かしい人が次々と…。いつもありがとうごいざいます☆


b0025405_8493726.jpgお馴染み北新地の黒服のドン。平武次師匠。先月のお誕生日は大盛況でしたね。




b0025405_827522.jpg上通りgrandbarの美人ちゃん。看護士を目指してがんばってます。もう一年のお付き合いになりますかぁ…早いねぇ。



b0025405_8394958.jpg4/27にyodareにて[春待ち菓子舗]を始められるmari嬢。最終打ち合わせを熱心に。




b0025405_8401449.jpg同じく[春待ち菓子舗]共同店主のnobu嬢。お土産に頂いた手作りのクッキー?おいしかったです。ありがとう。




b0025405_8403266.jpg[春待ち菓子舗]ではお茶子をするというC嬢です。何やら3人での白熱の企画会議…お疲れさまでした☆




b0025405_8423970.jpg弊社のデータベース構築でお世話になってるITシステム企業の社長Hさん。高校生みたいですが社長です。また来て下さいね〜☆



b0025405_8432015.jpg店主の中学からの先輩であり、かつてレーサーとして活躍されたMさん。アメリカから帰国でyodare。いつもFBでジャストなコメントを頂くええ兄貴です。



b0025405_8435379.jpg北新地漫遊◯年のレヴィさん。白州いつもありがとうございます。また仕込んでおきますね。




b0025405_8442513.jpg4/8にライブをやらせて頂いた天満「肴や」の大将。あんなに喜んでいただいて恐縮です。




b0025405_844547.jpgそして「肴や」のママ。わざわざライブの御礼に来て下さいました。6/10もお店を休んで来てくださるそうです。がんばります。



b0025405_8454013.jpgいつもお世話になってる浜通り「bar 際」のママ。アテンダントありがとうございました。




b0025405_8461564.jpg関西で独走中のモデルエージェンシー[ロッテンマイヤー]の敏腕社長。この日も焼き鳥屋に打ち合わせに…。忙しいな。



b0025405_8464175.jpg[ロッテンマイヤー]売れっ子モデルのさきえちゃん。今はテレビのLei WeddingのCMに出演中☆




b0025405_8472861.jpgそしていつものW編集長です。ほんまに忙しいようで大変そうですが、通夜の線香はお任せください。




b0025405_848422.jpg古巣ぴあ関西支社長のY内くんです。明日は吉と出るか?凶と出るか?オレは知らん。




b0025405_8483054.jpgアメリカ村[club TRIANGLE]のマネージャーとなった後輩のTくん。店主イシハラの過去のアキレス腱を目撃したオトコ。




yodareの1日店主やってみませんか?
ノルマ一切なし(報酬もあんまりナシ)月一回、季節ごと、思い立ったら…、など好きな時に好きなスタイルで★
興味ある方はイシハラまでご一報!

今後の開店状況はyodareのHPでチェック!
アドレスは http://www.yodare.info

by nestvision | 2012-04-18 09:23 | yodare日記
結成して6年目のcabo。
ふたりバージョンのライブに加えて、Her Bandも参戦してのcabo初のワンマンライブを6/10の日曜日にやっちゃいます☆
場所はなんばの駅からとーっても近い[music bar SORA]さんです。

cabo初のワンマンライブ
「水無月ハイパーロックの夜」

6月10日(SUN.)
18:00 OPEN
18:30 START
なんばMusic Bar SORa
¥2,500円(1drink別途必要)


現在予約を受け付けています。
予約受付 06-6644-9292
お電話のみの受付で12:00〜20:00の時間に電話して下さい。
by nestvision | 2012-04-17 17:30 | ミュージシャン修行
桜舞う天王寺。新しく出来たランドマーク「キューズモール」。
その4Fに出来たステキなライブハウス「ROCK TOWN」。
イベントライブ「大人のロックの日」にcabo出演させて頂きました

b0025405_1344333.jpg
Photo:Ayumu Otsuki
b0025405_13445261.jpg
Photo:Ayumu Otsuki

いろいろと反省点は出るんですが、やっぱり設備の整ったライブハウスは安心して演奏が出来ます。楽しい一日を過ごさせてもらいました。ご来場のみなさん、遠くから声援送ってくれた方、ありがとうございました。

■セットリストです。
例によってYouTubeと連動しております。またイチイチこのページに戻ってください☆

1.Because The Night
2.With Or Without You
3.SMILE
4.Everybreath You Take
5.Time After Time
6.Human Nature
by nestvision | 2012-04-16 13:48 | ミュージシャン修行
4月8日の「肴や」さんでのライブ。
超お花見日和にもかかわらず、多くのお客様に来て頂けました。ありがとうございました。
やっぱり居酒屋ライブは、今のcaboにとっての原点です。また酒の旨い頃にどこかの居酒屋で演らせていただきますね☆
ではセットリスト記しておきます。なんとYouTubeに連動していますのでライブに来て頂けなかった方は映像でお楽しみくださいませ☆
今回は曲数が多いのでサムネイル画像は貼ってません。YouTubeからイチイチ戻って頂くお手間をお許しくださいませ〜。

4月8日(桜満開の快晴の日)
cabo Live At 肴や


■1st. Stage
0.主催者である「立呑みジャーナル」西田さんの開会の挨拶
caboのこと大好きな立ち飲み三銃士のひとり。ええ人なんですよぉ本当に。奥様もすてき。
1.Human Nature(Short Ver.)
西田さんの真面目なコメントを掻き消す登場をせい!とプロデューサーの差し金でこの曲で登場。なのでワイヤレスでした。
2.Message In A Bottle
cabo初期からやってる曲。sancoの声はスティングの音域にすごく合ってる。
3.Anarchy In The U.K.
cabo最初に合わせた曲。パンクってのが面白い。取りようによるとええ歌詞なんよねぇ。
4.なみだ恋
「肴や」マスターが八代亜紀さんのファンって事で最初に決めたタイアップ選曲。
5.花束(ブーケ)
後から「ブーケ」ガ好きという情報が入り、根性で仕上げた曲。当日までワルツと気づかずにコピーしてた。
6.Time After Time
cabo中期に登場した鉄板曲。シンディ本人のテレビ露出もありウケ上々。
7.Smooth Operator
SHADEの名曲。ギター一本なもんで他は何も考えられない。言い出しっぺにつき、我慢して難しいギター弾いてます。
8.She Will Be Loved
cabo初期の鉄板曲。知ってる人も少なくなり、そろそろ鉄板離れせんとなぁ…なお世話になった曲。
9.Because The Night
なぜか良い。パティよりも良い。理由は二人ともわからんまま。

■2nd.Stage
1.With Or Without You
これもcabo初期の鉄板曲。よー出来た曲ですこと。何度演奏しても飽きる事の無いスルメのような楽曲。
2.Everybreath You Take
去年の夏に収穫したPOLICE第二弾。今後は鉄板への昇格十分アリな有望な楽曲。
3.卒業写真
caboのファン層を考えて狡猾に選曲したこの曲がいつしか鉄板に。泣けます。
4.Summer Time
cabo meets The Jazz運動の一環として輝けるスタンダード一発目。ノリが大事な荒くれ者。
5.SMILE
sancoが歌い続けて行きたい曲ナンバーワン。合うと泣き、合わないとスカというリスキーな一曲なんよね。
6.Your Beautiful
最近のTSUBAKIのCMでsancoもイシハラも「アリやな!」と目星をつけていた曲。今後の練り込みに期待。
7.Human Nature
大橋トリオアレンジを更にカントリー風という、マイケルも真っ青な宴会ソングに仕上がった MJ最高峰の美しい曲。sancoの鳴りものが聴きどころ。
8.Because The Night(en)
9.なみだ恋(en)
10.Have You Evereseen The Rain(en)

二年ぶりに立呑みライブをやって「あぁ、戻って来たなぁ…」って気がすごくしました。
sancoもボクも、メチャメチャ何かが上手ってタイプのミュージシャンじゃないけれど、みんなとワイワイ楽しめるライブが大好きなのは変わりません。格好の良い設備の整ったライブハウスやホールでの演奏も魅力的だけれど、温かい野次の中で、自分たちの大好きな曲を演奏させてもらって、少しだけ聴いてる人の過去だったり、大事に思ってる人だったり、そういうモノへの想いのきっかけが一瞬だけでもあればとてもシアワセだと思うのです。それはお酒と楽しい仲間が集う「肴や」さんみたいなお店にしか醸し出せない雰囲気だと思います。

sancoはライブハウスで演奏する時と、こういう酒場で演奏する時と、少しだけ違います。
多分、こういう酒場でのライブの方が緊張しているんだと思う。それがお客さんのフォローで”開いていく感じ”が大好きみたいです。そしてあの人の究極の理想である”流し”に少しだけ近づけたような、そういう充実感が伝わります。

悪口を言う人は「なんか営業みたいですやん!」って言います。
そういう人にはこう応えます。
「そうや、営業だよ。塩辛とか卵焼きと同じ様に店に並べて貰いますねんわ(笑)」
ROCKはカッコいい!としか思わない人にはわからないでしょう。ここにROCKの神様は居るのです。
by nestvision | 2012-04-12 09:56 | ミュージシャン修行

yodare @ 0410

イシハラが週一回、店主を努める怪しいバー「火曜yodare」は欲望渦巻く大阪・北新地にある忘れ去られたような佇まいの小さなバー。
今夜ももいろんな人が訪れる。それはまさに”メディア”そのものだと思うのです☆

店主所用で開店が22時となってしまった今回の火曜yodare。にもかかわらずたくさんのお客様のご来店、ほんまにありがとうございます☆


b0025405_101231100.jpgご存知O社長。執筆されたインタビュー原稿掲載が一週間延びて寸止めちう。




b0025405_1051366.jpg最近失恋したというキシモト。誰に?いつ?いやそれは失恋ではないのではないかと店主は思ってます。




b0025405_10676.jpg本通り某店のチーママ。またまたサボっております。まぁ桜祭りも終わったしええよねぇ。




b0025405_1071511.jpg某ウェディング誌編集長のW氏です。春のタイアップストームも一段落なのか…?




b0025405_1083284.jpg店主の古巣、ぴあの関西支社長のYくん。最近のお酒は早じまい。お互いに量が飲めなくなったね〜。




b0025405_1093529.jpg同ぴあの四十路編集者になったSくんです。初めて会ったのは君が23の春やった。




b0025405_10105215.jpg同ぴあの広告部長の今ちゃんマン久々の登場。コート忘れなかったのでまだ大丈夫やね。




b0025405_1015312.jpgぴあ時代に一緒に仕事をしていたグラフィックデザイナーのHセンセ。いやぁ懐かしい…いやぁ変わらんわ(笑)




b0025405_10162541.jpg元スペックにいたという編集嬢。なかなかすっぱり楽しい方です。青井によろしく☆




b0025405_10172877.jpg北新地イケてるおでん割烹「かさね」の女将、博子ちゃん。忙しいのに寄ってくれました。また行くね!





yodareの1日店主やってみませんか?
ノルマ一切なし(報酬もあんまりナシ)月一回、季節ごと、思い立ったら…、など好きな時に好きなスタイルで★
興味ある方はイシハラまでご一報!

今後の開店状況はyodareのHPでチェック!
アドレスは http://www.yodare.info

by nestvision | 2012-04-11 10:24 | yodare日記