イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

三谷幸喜が映画を撮る!という事は、今の日本の芸能界において”祭り”なんだなと痛感した。
とにかく”贅沢だ!”なキャスト陣。
市村正親夫妻など、こんなチョイ役ありなのかと溜め息が出る。
深田恭子はもはやコーナーである。そして天下人SMAPの草彅剛に至っては、もはやエキストラ寸前の有り様。
こういう事が今の三谷には可能なのだなと感心したのである。

きっと、今の三谷が「映画撮ります」と宣言すれば、すべての芸能事務所が手を挙げるのだと思う。参加しておかなければ一流事務所じゃない!な雰囲気もあるのだろうし、とにかく三谷のプロモーションで自前のタレントの露出が増える事、請け合いである。
そういう意味で、三谷は策士だ。
どの事務所もまんべんなく、そしてトップスターであればあるほど、公平なゾンザイさであしらった。
脚本はもはや完成された三谷ワールド。
誰も悪くないし、誰も正しくない。上質のコメディを大真面目にやっているのは好感が持てる。
まぁ、そういうきわめて大手広告代理店的な映画だけれど、こういうのじゃないと今の日本じゃ興収は得られないのだろうなと、ふと悲しくなった。

一度、三谷幸喜に当たらなくていいから好きなように映画を撮らせてみたい。
今作の感想は?と言われれば、そりゃもう西田敏行と深津絵里の最高の二人芝居でした、としか言いようが無い。深津絵里を独り占めにするなよぉ!三谷ぃ〜!

※スクリーンじゃなくてカウチでも十二分に楽しめますので、無理して劇場鑑賞はいいんじゃないかと思われます。WOWWOWで問題無しだと思います☆
b0025405_1453252.jpg

by nestvision | 2011-10-31 14:53 | 観ました!review
2011.10.29 OSAKA Nippon-Bashi インディペンデントシアター1st.

初めて観ました。何となく名前を聞いてた劇団。というか、まぁいろんな意味で話題にのぼる片岡百萬両率いる”ミジンコターボ”です。
ある意味でびっくりしました。今の芝居だなぁ…というのが最初の感想。
いわゆる”ヴィレッジバンガードの世界観”が貫かれているワケです。
空想活劇+アニオタ+チープファッション+超リアルが混在してるんですね。
お若い劇団だし、客演も多いし…、で大丈夫か?と思っていたのですが、動きの正確さ、緻密な笑いの構成など、なかなかのもの。
夢の遊眠社だって、初期にはこういう捉え方をされていたんだろうなぁと思うのです。
今回は客演で出ていたモリマリコさん流れだったんですが、主演の他に大事なポジションの脇を完璧に、そしてキュートにこなしていた”ソラ豆”の片山誠子さんのファンになっちゃいました。
この女優、なかなか面白いですよ。
器用だし、舞台で何かに護られてる感じがしたのです。
ソラ豆という劇団の本公演も是非とも観に行きたくなったのでした。
b0025405_13284079.jpg

by nestvision | 2011-10-30 13:29 | 観ました!review
2011.10.27 TOKYO Ikebukuro Theatere KASSAI

つかこうへい追悼公演として夏に大好評だった「蒲田行進曲」。
まさに伊藤えん魔のテーマそのままの脚本。楽しみにしていたのに夏は行けなかった。
んで、今回は「熱血バーション☆」の東京公演。いやはや、ほんまに楽しくて、泣きアリ、お笑いアリの素晴らしい舞台でした。
やっぱり、美津乃あわの存在感ってすごいなぁ…と改めて感じ入るのでございます。
狂乱バージョンは大阪にて。楽しみ☆
b0025405_13152687.jpg

by nestvision | 2011-10-30 13:15 | 観ました!review

yodare @ 1025

イシハラが週一回、店主をつとめる怪しいバー「火曜yodare」は欲望渦巻く大阪・北新地にある忘れ去られたような佇まいのバー。
今日もいろんな人が訪れる、そこはまさに”メディア”そのものなのです☆

UP遅くなってしまいました。すんません!

b0025405_18145439.jpgレヴィさんです。特殊ケーブルを手配してくださったのに、なんか反応せず。なんか何度もすんません。




b0025405_18155238.jpg140Bの大迫くん。なんと色稿の出稿が大幅に遅れたそうな…。災難でしたな。




b0025405_1816553.jpgご存知、キシモト。古巣でちょっと働いて来たとのことでハイテンション。




b0025405_18182367.jpgモデルのMちゃん。最近はいろんなクリエーター事業で引っぱりだこらしい。楽しそやなぁ。




b0025405_18192792.jpgレヴィさんのお友達。握力は誰にも負けないそうです。





b0025405_18203296.jpgW編集長。また撮り忘れました。





b0025405_18203296.jpgHer Bandのドラマーさん。





b0025405_18203296.jpgHer Bandのベースさん。




b0025405_1824552.jpg
いやいや、懐かしい方からお初の方まで。ご来店ありがとうございました。


今後の開店状況はyodareのHPでチェック!
アドレスは http://www.yodare.info

by nestvision | 2011-10-28 18:24 | yodare日記

yodare @ 1018

イシハラが週一回、店主をつとめる怪しいバー「火曜yodare」は欲望渦巻く大阪・北新地にある忘れ去られたような佇まいのバー。
今日もいろんな人が訪れる、そこはまさに”メディア”そのものなのです☆

最初はおっさんばっかの火曜yodareでしたが、何とか妙齢美女2名を迎え、面目躍如の今週の火曜yodareでありましたぁ。

b0025405_14421778.jpg本通り「プレイモアジュニア」のピアニスト、中谷先生でございます。iPad版の「iReal b」をプロのジャズメンに自慢しちゃいました!



b0025405_14424454.jpgお二人めはご存知のW編集長。冷戦を終え終始和やかなる火曜yodare。でもやっぱ突っ込みたい!




b0025405_1443577.jpgそしてお次ぎは在阪キー局のエライさんM氏。海外出張前にお仕事メシで北新地。また美人さんともおいでくださいませ。



b0025405_14433377.jpg大阪フィルハーモニーのプロデューサー磯島さん。過日は村治さん、ありがとうございました。感動的なコンサートでおした。



b0025405_14435445.jpg上通り「グランバー」顧問の平さんです。ホステスのその後〜話など、あれこれ。




b0025405_14442068.jpg月に1回ペースで「アンシャンテ」をyodareでやっているMちゃんです。なんと11月に最終章を迎えます。




b0025405_14443865.jpg同「アンシャンテ」W店主としてがんばってたIちゃん。本業\が忙しくなっての引退。いつかWさんとお店行きますね。




b0025405_14445751.jpg音楽イベンター業に返り咲き中のTくんです。いつも朗らか…。落ち着いて来たの!



b0025405_14451724.jpg

アンシャンテのお二人からプレゼントを頂きました。素敵な日本酒用のグラス。むふふ。

今後の開店状況はyodareのHPでチェック!
アドレスは http://www.yodare.info

by nestvision | 2011-10-19 14:50 | yodare日記
深夜バスなど利用するようになって、iPhone4のバッテリーも持ちが気になりだした。密林で調べると、けっこう便利そうなジャケット多数。電波状況も良くなるというコレ買いました。バッテリーは飛躍的に持ちます。そしてアンテナの何だか常にええ感じ。
b0025405_13302219.jpgb0025405_13303914.jpg
by nestvision | 2011-10-13 13:32 | 買いました!review

yodare @ 1011

イシハラが週一回、店主をつとめる怪しいバー「火曜yodare」は欲望渦巻く大阪・北新地にある忘れ去られたような佇まいのバー。
今日もいろんな人が訪れる、まさに”メディア”そのものなのです☆


連休明けの始めの日。先週は体調不良でお休み頂いたので、たくさんのお客様に来て頂きました。ご来店のみなさま、いつもありがとうございます☆

b0025405_9294946.jpg通信系大手のエラいさんのレヴィさん。何と一番客です。そして店主が中学時代に封印した趣味「アマチュア無線」でカブってた事が発覚。



b0025405_9305655.jpgレヴィさんのiPadに興味を示すキシモトです。なんか元気になったようで安心&安心。今度プレゼント見せてあげるね。



b0025405_9492494.jpgワケあって店名&源氏名公開出来ません。とある本通りラウンジのチーママ。いつもありがとう☆




b0025405_9323128.jpg深夜バス同盟のアパレル社長のI くん。大きな経営判断で肩の荷が少しおりたみたい。良かったヨカッタ☆ボクは今夜バスに乗ります。



b0025405_9335069.jpg弊社元編集者、んで現所属スタイリストのhattちゃん。このクリスマスまでは激務が続くみたいです。がんばれ!




b0025405_935032.jpg関西のグルメニュースはお任せ「フードスタジアム関西」代表の今富社長。ヨガの決心がついたようで良かった。




b0025405_9361578.jpg「関西焼肉.comCOM」主宰、焼き肉伝道師(アナリスト)の、いかりんさんです。関西の焼き肉の事は全て知ってます。サイトをチェック!



b0025405_9404471.jpgW編集長です。最近はお互いに潰し合いの様相。「もう、終わりにしましょう…」(野田総理風)ハワイは是非に☆




b0025405_94248.jpg音楽業界に返り咲いたTくん。10/15には渋いイベントをハッチでやります。




b0025405_9434860.jpgグラフィックデザイナーのKさん。この方とのおつきあいもかれこれ20年です。はやいですねぇ〜。




b0025405_9444648.jpg広告代理店の大広を数年前に早々と退職。その後大学で社会学を勉強。現在はD2の博士論文待ち。講師には是非ボクを☆



b0025405_9462476.jpg恋多き天然女、上通り、元クラブ・ワールドの売れっ子ホステスのK。北新地見参。今はヨガなど教えつつ、人生クロスロードちう。来来週ね☆



b0025405_9474154.jpg現クラブ・ワールドの売れっ子ホステスの"涼子ちゃん"。先輩Kに何やら艶っぽい相談あれこれ☆おつかれさんでーす。




バラエティ豊か、懐かしい方もたくさんご来店の楽しい火曜yodareとなりました。ご来店のみなさま大感謝です☆

今後の開店状況はyodareのHPでチェック!
アドレスは http://www.yodare.info

by nestvision | 2011-10-12 10:06 | 日記desu

最近の買い物

品数は極力少なく、しかし着回し率の多い汎用性、高いモノ、良いモノは可能な限り直営店で…というコンセプトの下、最近のワードロープ追加モノたちです。

b0025405_1714971.jpg

Maison Martin MargielaのニットJKT。パンツにもジーンズにも合わせ易そう。オフの鮨屋に合いそうな一着。

b0025405_17141154.jpg

フツーの細身のBDシャツかねてより探しておりました。本家ブルブラとかのはサイズ感がデカイ。BEAMSなどのは、ええかげんにせい!なコストパフォの合わなさ。そして遂に究極もの。われらがUNIQLO。細身で袖も少々足らないのがご愛嬌。なんと1980円。

b0025405_17141173.jpg

んでネオプレッピー狙いのナロータイ。こちらも楽天で1本500円なり。

b0025405_17141212.jpg

そして確信犯的なコレ。Maison Martin Margielaの定番ライダーズJKT。おととしあたりから狙ってたんですが、今季からジッパーがメタルとなり格好良さ倍増。
マルジェラファンならご存知の、いわゆる「ハの字ライダーズ」です。
直営店のボクの担当、浜ちゃんも社販で買ったというので、気合入れてゲット!

by nestvision | 2011-10-09 17:04 | 買いました!review

さよならジョブズ…。

b0025405_16272056.jpg
スティーブ・ジョブズが亡くなった。
日本のメディアも異常なほどの報道をやっていた。
やれ「天才だ!カリスマだ!次代のアップルは…?」
大きく違和感を感じていたので少々時間をおいてコレを書いている。

ボクがApple、ジョブズやウォズニアックの存在を知ったのは多分'87年頃だった。
たまたまデザイナーのオフィスにあったAppleIIとかPLUS、そのあたりが原体験だと思う。
投げ縄ツールだとかマウスだとか、それなりに面白かったけど、やっぱ玩具ではあった。
その後、アミーガだとかそういうPCに興味を持つ。
最初に買ったのはClassic、そしてSE-30だった。
社会人だったけれど、当時は卒論も企画書も手書きが基本。折しもビーチバレーの全国展開の為の企画書を自前のワープロ(ソニー)の三行ディスプレイで作ったのが最初のデジタル化だった。
社内にもコンピュータ化の波が押し寄せ、当時のWin3.1が導入。かったるくて講習会にも行かなかった。
最初に自前のClassicを勝手に会社に持ち込んで台割を作り、フッダに"Powered By Macintosh"と入れていたのを懐かしく思い出す。

僕が編集長をやらせてもらった女性情報誌では、'94年当時、まだMac OS 6.xの頃にフルDTPで一冊まるごと編集するという無謀な事も今となってはいい想い出だ。

確かにお正月には”Happy New Year "とメッセージが出るし、裏コマンドで開発者の写真を見れたりしたけれど、ボクにとっては、単なるツールだった。

この間、ジョブズの死は神の死のように扱われていて、何だか違和感を感じる。
優れたマーケッターだったし、経営者だったけれど、ジョブズは神ではなかったはずだし、神格化していけないと思う。彼の大きな功績や起業経営の手法を詳細にログ化し、後世に伝える事は意味があるけれど、「こんな天才がいた」では我々の子供たちは何が何だかわからない。

スカリーを引き抜き、ピザボックスが大失敗して、アップルを追い出された時には、ジョブズは相当嫌味な奴だったんだろうし、どこか独善的な普通の奴だったんだろうと思う。
仕方なくPIXERに入り、過去の人脈でディズニーを口説き、まぁ資産家としては成功というワケだ。
それは彼が最初から描いた絵図ではなかったと思う。
年俸1ドル神話にしても、バカな株主にモノを言わせない逆ギレ戦略だったんだろうと僕は推察する。

彼の訃報に触れ、各界のアップル狂信者たちが方々でメッセージを発している。
「どうしていいか見当もつかない」だとか「途方に暮れている」とか。
往々にしてジョブズファンはこういったフェチ系傾向、あるいは猪突猛進型の単一指向性人間が多かったように思う。
アップル製品なら何でも良い。クパチーノとネットによってつながり、同時にカウントダウンで盛り上がり、会社を休んで表参道に朝から並び、ハイタッチをしてアップルストアに入る人々…。
彼らにしてみれば、ジョンレノンやマザーテレサ、ガンジー、キング牧師、もしかしたら日本の尾崎豊などと同じく、単にファッションなのであって、全てを受け入れる。そしてファッションとファッショが同一化していくのだ。
たとえばWindowsユーザーを必要以上に蔑んでみたり…。

そして、彼が語った有名な言葉「Stay Hungry, Stay Foolish」を拡大解釈し、自己の柔軟性のない思考への免罪符として使う輩の何と多い事か…。
特にHungryやFoolishと真逆の人間が、この言葉に感銘を受けた!などと平気で宣っているのが現状だ。

もし生前のジョブズから、こういう変質狂的なファンの偏向的な要望、あるいは市場のバカな消費者、その上をいくバカで利己的な株主の呪縛から完全に解き放っておいてあげたなら、彼は最後の5年を使ってとんでもないコンセプトを我々に提示してくれていたと思う(ボクを含めてほとんどの人間が理解できないレベルだろうけど)
そいいう悔しさというか勿体なさは少しだけあるし、この度ようやくCEOを退いて、自由な立場で現象心理や行動心理、あるいはマーケティングや哲学分野での彼の発言が聞きたかったというのが個人的な本音だ。

何にせよ、パソコンメーカーの創業者が亡くなっただけの話である。
彼も紆余曲折あった、悩み続けた生身の人間だったんだろうと思う。
単に天寿を全うされたのだ。ただ、それだけで良いではないか。

今、悲しみの底にいるジョブズ狂信者たちは、またすぐ新しいメンターを無理矢理に探し当てるだろう。
そうしてこう言うのだ。
「彼はレノン、ジョブズに続く天才だ…」と。

もうそういう天才フェチは相手にしていられない。
アップルの製品を真摯に使い、モノとして評価し、ダメなら買い替える。ジョブズはそういう分野で生きて来た人なのだ。
アップル製品がどんどん魅力無いものになってしまったとしても、それはジョブズの死のせいではない。現経営者、あるいは未来の経営陣の責任であるはずだ。

だから、さよならジョブズ。ボクはただそれだけを思う。
by nestvision | 2011-10-09 16:35 | 日記desu

SKIP*HOPのマザーズバッグ

お気に入りの仕事カバン。
ニューヨークのSKIP*HOPというメーカーのマザーズバック「DUO」です。
数年前にカモフラージュ柄を買いましたが、何にでも合うブラックを新たに新調。
とにかく収納力バツグンで、ママさん納得の使い易い小分けポケットが秀逸。
ただし欠点が1点だけありまして、ポケットの留め具がマグネット。アメリカ製らしくとんでもなく強力な磁力。
入れ方によっては、通帳やカードがダメになる可能性がありました。
…そこで!
「ユザワヤ」でベロクロテープを購入。カッターで磁石を取り出してすべての留め金をベロクロに替えちゃいました。
これで安心です。後ろは数年前に買ったカモフラージュ柄。

b0025405_9194638.jpg

by nestvision | 2011-10-09 09:11 | 買いました!review