イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision

<   2011年 03月 ( 35 )   > この月の画像一覧

yodare @ 0329

UP遅くなりました。
先日の”火曜yodare"の日記です。北新地も未曾有の大震災の影響を少なからず受けているみたいです。あまり人が多くない夜が続きます。

b0025405_2326599.jpg貿易関係のお仕事してるキシモト。やはり大震災の影響がモロに出ているみたいで少しお疲れモードです。




b0025405_23271662.jpg本通り老舗ラウンジのピアニスト、中谷先生です。今夜もダンディーかつ控えめにジンジャエール。いつもありがとうございます。



b0025405_23281589.jpg北新地で話題のナイト店「ナイン」のオーナーの栄二クンが久々に来店。「サッパリっすわぁ〜」と少々こちらもお疲れモード。



b0025405_23293251.jpg大阪人ロケハンを一人で終えた吉村じんえもん氏。「江さんの原稿にどう対抗するか?」いやアッパレでございます。今回のバトル、面白くなりそうです。新生「大阪人」を待て!


b0025405_233127.jpg欠席W編集長の替わりに↓今井氏を紹介しに来てくれた浜通りのイケてるBAR「際」の店員さんです。そーいや久々の火曜yodareっすな。



b0025405_23345963.jpg北新地でバーを開業するという今井さん。やはり小さく初めて大きく儲ける!これ基本かもね。がんばってください。



b0025405_23352450.jpg常連O社長です。中小企業の社長の愚痴大会となりましたな。楽しかったね☆




b0025405_23362051.jpg関西イケイケのアートディレクターのシマダタモツ氏。なんと"初火曜yodare"でございます。また時々来てくださいね。



なかなかバラエティー豊かな客層となった火曜yodareでございました。
ご来店のみなさま、ありがとうございます◎

by nestvision | 2011-03-31 23:41 | yodare日記

北新地「旬割 葉隠」

2011.3.30 Kitashinchi

もう六年半かぁ。大将は相変わらず元気。
最近「予約のとれない人気店」化してきたのが少々悲しい。
やっぱ「葉隠」はふらっと寄りたい店だもの。

b0025405_11374324.jpg

b0025405_11374957.jpg

b0025405_11375628.jpg

b0025405_1138311.jpg

b0025405_11381252.jpg

b0025405_11383281.jpg

b0025405_11385116.jpg

b0025405_11385899.jpg

by nestvision | 2011-03-31 11:31 | 食べました!catalog

丸源「肉そば」

2011.3.30 Shiga

ラーメン評です。
彦根インター入り口付近の郊外店。気になっていたので食べてみる。
ゆずおろしと玉ねぎの食感が新鮮できわめて美味。

b0025405_11133114.jpg


b0025405_11134384.jpg


b0025405_1114250.jpg

by nestvision | 2011-03-31 11:09 | 食べました!catalog
2011.3.26 Osaka
b0025405_2127444.jpg

何年ぶりの劇団四季だろう。「ライオンキング」以来? 
いや数年前に「キャッツ」を観たっけ。

そんな程度。

大阪四季劇場にも初めて脚を運んだ。
何というか、本当にシステマティックに演劇を追求した究極の姿。
そういえば、NYのブロードウェイだって、ロンドンのウェストエンドに匹敵するホスピタリティを備えた劇団は、多分「四季」をおいて他には無いだろう。

今作、凱旋公演との事だったが、もちろん初演は観ていない。
でも話はわかりやすく、そして勧善懲悪に少し捻りを入れた脚本。
特に目を見張ったのは、衣装の完成度。舞台美術との計算され尽くしたマッチングの妙。

キャストの演技は言うまでもないだろう。
実のところ、非常に楽しめた舞台だった。

最後に全員総立ちのスタンディングオベイション。少しのアクシデントでそうなったのだが、いやキャストの方々が喜んでいるのがよくわかった。

たまには「四季」も観ておかないといけないなぁ…と思い直した佳作であった。

Y
by nestvision | 2011-03-27 21:35 | 観ました!review
2011.3.25 Osaka

デビュー前から大好きなユニット、『FRIED PRIDE』の2011Tourを目撃すべくBillbord Live OSAKAへ。
今回のツアータイトルは「For Your Smile」。
横田サンとSHIHOちゃんの想いのこもった素敵なツアータイトルだったと思います。

やっぱりこのユニットの持ち味は、Vocal、SHIHOちゃんと、オッサンギタリスト横田サンとの掛け合いの妙。
演奏もMCもその掛け合いのリズムに聴衆は引き込まれていくのです。
そりゃテクニックには驚愕するんだけれど、例え最初から最後まで単純なアルペジオで演奏したとしても、彼らのソウルフルな演奏は観る者の心を抉るんだろうなぁ…と改めて感心した次第。

今回初めて聴いたマイケルの「BAD」やテンションコード入りまくりの「DESPERADO」は本当にカッコ良かった。
パーカッションとギターとボーカルとのSEXを越えたSEX。
まさにアイキャッチの妙ですな。
アンコールにはギターとボーカルだけのアンプラグドで会場を練り歩くという”かっこええ流しスタイル”。
もうこうなったら会場は一体となって曲に没頭してしまうワケですわ。

久々にスタンディングオベーションしてしまったビルボード大阪なのでした。

PS 意外とFRIED PRIDEも曲の終わり方がそのまんまで、caboとあんまり変わらないじゃん!などと不遜な事も思ってしまったのでした(横田大師匠、すんません!)

b0025405_21402311.jpg

写真はコチラから拝借しました。ライブ時のものではありません。
by nestvision | 2011-03-26 13:46 | 観ました!review
新大阪でのMTGを終え東京に向かう。
お弁当は久々にコレ。

吉野家の放った今世紀至高のメニュー「牛すき丼」。その発想の源はこの弁当ではないかと、勝手に推測している。
定番のお弁当。しらたきがキーポイント。

b0025405_12184348.jpg

b0025405_12184848.jpg

by nestvision | 2011-03-24 12:08 | 食べました!catalog

yodare @ 0323

少し暖かくなったと思ったら、何だか冬に逆戻りな北新地。
今夜もそれなりに、それなりの「火曜yodare」でございました。

b0025405_15573469.jpg某大手広告代理店勤務のI本氏です。年賀会以来の再会。いやぁ広告業界ってどうなるんでしょうね…って事で、少し暗めにギョーカイ談義。



b0025405_15585918.jpg↑同社クリエイティブ系クリエーター氏。いつも世の中はこんなもんですねぇ。どんどん企画を考えないといかんですなぁ。



b0025405_1603615.jpgええ、匿名希望の常連さんです。なんか明日出来る事は明後日やる!など叫びつつ、楽しく飲んでおられました。まぁ何よりですなぁ。



b0025405_1615172.jpg先頃、転職を果たした元宣伝会議受講生クン。なんと8月のご結婚とか。おめでとうございます!




b0025405_163558.jpg北新地取材を終えた吉村じんえもん氏です。無呼吸病は克服できるのか?なんか最近は飲み方が変わりましたね。




b0025405_1642484.jpg愛犬の健康が心配な広報嬢です。話題は放射能へ。放射能被っても楽しく生きるか?放射能の無い過酷な状況で生きるか?究極の選択ですな。



b0025405_1661633.jpg残業を終えたW編集長。いったい何が「シーッ!」なのでしょうか?またまた秘密があるのでしょうか?たいへん気になるポーズではあります。



b0025405_1674753.jpg本通りの老舗店「クラブISHIKAWA」に移籍したての那於サマです。久々に酔っぱらい☆
by nestvision | 2011-03-23 16:11 | yodare日記
久しぶりにインディアンカレー。
僕の場合「全卵ごはん少なめ」がデフォルトっす!

b0025405_1935565.jpg

by nestvision | 2011-03-22 19:32 | 食べました!catalog
2011.3.21 Osaka SEKAIKAN

b0025405_8523629.jpg「リリパットアーミーII」も25周年を迎えるそうだ。
現在そのリリパを擁する玉造商劇店配給の『音楽の時間』を観る。
弁天町の「世界館」というなかなか趣のあるいいハコ。
今作では、美津乃あわが客演で出ていたのもあって、期待していたのである。

わかぎゑふ作品は嫌いな人と超好きな人のどちらかにキッパリ別れる。
その感じはものスゴくわかるのである。ある種の”わかぎさん流大阪人的なフレーバー”の好みの問題だと思う。
まさに”上町台地的”ともいえる大阪な感じ。ミナミやキタを完全に無視してる様な世界観。なのに芦屋や手塚山は別格…的なそういう部分が鼻につくのだろうと思う。

劇作家、役者としては本当に面白い作品を多く世に出した人だし、芝居をビジネスに昇華させたという功績は極めて大きいと思う。

さて今作。
とても楽しい作品だった。何よりモチーフにある”音楽”が思想的なものすべてを巧く包み込んで、優しい作品として分かりやすいのが最高だった。

美津乃あわとわかぎの絡みには、思わず吹き出してしまったが、これも下品にならず、職人芸的な笑いの創出に成功していたと思う。



M
by nestvision | 2011-03-22 08:54 | 観ました!review

西九条「こばやし」

2011.3.21 Osaka Nishi-Kujyo

b0025405_22325386.jpg

こばやしで酔っています。わはは(^_^)
by nestvision | 2011-03-21 22:31 | 日記desu