イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2010年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

yodare @ 1026

【告知!】
次週11/2の火曜yodareは、
店主野暮用につき臨時休業です!


冬の気配がバリバリの北新地。煌めくこの街も気候と共に冷え込む一方なのでしょうか?
色町は日本の大切な文化。バブルの時代に戻れとはいいませんが、乱世の北新地はもういいや!って感じ。
さてさて、今宵の「火曜yodare」はいつもの人、懐かしい人、お初な人、様々なメンツ。
ご来店のみなさま、ありがとうございました!


b0025405_917092.jpg元弊社社員で現在はフリーランスのライターをやってる、かおりchan。11月からは東京進出。是非とも立派なライターになってほしいものです。わざわざご挨拶に来てくれてありがとうね。



b0025405_9151276.jpg宣伝会議受講生。今は保険関係のお仕事。いやぁガンバリマンぶりに感動です。なかなか競争の厳しい世界のようですが、がんばってください。ボクもまわりで見えてるほど、楽しく仕事してませんので、お互い様ですよ(汗)


b0025405_9343058.jpg我らがcaboの第3のメンバーともいえるズーミー嬢。この日は姉御にふられ、一人で北新地呑み。いやはやコーラを置いてなくて失礼しました。やっぱお酒も甘党なのかしらん、ねぇ。出張がんばってくださいねぇ!


b0025405_9184759.jpgアパレル関係でがんばる上海っ子仲良し二人組。上海語と日本語のミックス言語がなんかカッコいいですよ。大学時代からの友人と言うお二人は北新地でガールズディナー後にお立ち寄りぃ☆謝々!


b0025405_9204368.jpg最近iPhone4ゲットでイライラ気味のLei WeddingのW編集長。大丈夫!あと二週間で完全に慣れますよ。表紙AD待ち合わせ&後から営業さんも合流という、何やら金の匂いのする火曜yodare。飲み打ち合わせ、お疲れっしたぁ!


b0025405_9223752.jpgアートディレクターO社長。なんか最近は聖のように品行方正に呑んでおられます。いろいろ思う所はあるんだけど、ボクらもそういう年齢になったって事だよね。あの二十歳代の頃がキラキラしてたかっていうと、そうでもないし。


b0025405_9244569.jpg来年2月のcaboでドラムを叩いてくれる事になってるアーさん。会社起ち上げ後は何やかやと忙しいご様子。最近高いスネアドラムを海外から輸入。なかなかええ音してましたゼ!旦那。



b0025405_9262310.jpg同じく来年2月にベースで参加してくれる、まっつん!先週の競馬はどうやったんやろ?何とかスタジオ代くらいは稼ぎ出してほしいものです。来月のアタマに「まっつんの会」を開催するという。行くで!!


b0025405_928152.jpg顔を出せない!と言いつつ、必ず顔を半分見せている、元後輩のTくん。来月から高槻の映画館の支配人に就任。ちょっと落ち着いてがんばれよ!呑みたくなったらyodareにおいで。



b0025405_9315995.jpg元チケットぴあで、居酒屋「大和」にも居たというJ氏。今はゲームソフト会社の取締役氏。昔の話はやっぱり楽しいですよね。またいつでも遊びに来てくださいね。なんと撮り忘れにつきクマとなってしまい失礼!

b0025405_937326.jpg接待を終えてのご来店は火曜yodareの裏番長さん。いや感心感心と思いきや、仕事の打ち合わせですやん、ねーさん。最近焼酎がぱったり出なくなりました(寂)



b0025405_940566.jpg若いのにマンションを買ってしまったキシモト。今週の末が引っ越しらしいです。なんか新居の「お鍋パーティ」に呼んでくれるそうな。いや、楽しみ楽しみ。あんまり夜の街を徘徊したらアカンよぉ〜!


b0025405_9421240.jpg北新地 本通りの老舗ラウンジ「プレイモアジュニア」の夏貴ママ。なんと12時前のお越しでございました。夏っちゃんとの付き合いももうすぐ20年でっせ。すごいもんですなぁ。感動しますわ!無理せんとマイペースでね☆


b0025405_9441813.jpg北新地 本通りの、こちらも老舗ラウンジ「NIGHT & BELL」の桂ちゃん。あんたはよチーママになったらどうなの?なくらいの風格。でもお元気そうで何より、こんなアフターならいつでもyodareにお越し下さいませぇ(笑)


b0025405_9463968.jpg関西で新媒体(まだナイショなんかな?)の起ち上げ準備中のイケメン社長さんです。共通のお知り合いもちらりほらり。関西が楽しくなりそうですね。大期待しております!またゆっくりお話させてください。


b0025405_9484415.jpgグルメ系のマーケティングをやっておられる気さくな社長さん。いつもは関西らしいので、今度また是非に!スタンドバーみたいになってしまってごめんなさい。いつもはもっと暇です。あっ!店舗情報は掲載しないでくださいね(苦笑)


b0025405_9505247.jpg先日休刊となった「ぴあ関西版」の最古参の編集部員。これからは様々なMOOKなどのプロデューサーに。実はこの人のアルバイト入社の決済をしたのは店主でした(笑)



てな事でバラエティ豊かな「火曜yodare」となりました。いやぁ、BARはまさにメディアですなぁ。店主しあわせでございます。ちょっと窮屈なこって申し訳ございません。


【告知!】
次週11/2の火曜yodareは、
店主野暮用につき臨時休業です!

by nestvision | 2010-10-27 10:02 | yodare日記
去る10月16日の土曜日。北新地は上通りにある知る人ぞ知る素敵なbar「papa hemingway」の28周年を記念した「詩の朗読会」が行われた。

北新地のパパ・ヘミングウェイのママ、中野良子さんは詩人で、これまでずっと素敵な詩を書き続けて来た人だ。この店はマスコミ関係や文筆家の客が多く、この日集まった常連たちは口を揃えて「放ったらかしにしてくれる気楽な店」とこの店を高く評していた。

最近はそんなに行かなくなったけれど、ボクが最初に行き出したのはもう二十数年前に遡る。情報誌出版社の駆け出し広告マンだった頃で、誰だったか先輩に連れて来られた記憶がある。そこから今の歳になるまで、思い出した頃にふと一人で立ち寄る店になった。

上通りに移る前は2号線沿いのスタービルにあって、店にはいつもゲン太という犬がいて、眠そうにボクら酔っぱらいを見ていた。ゲン太が行方不明になってしまって、しばらくたってハナという犬がこの店にやって来た。ハナはみんなの人気者で、いつもボクはハナの横で飲ませてもらった。

そのハナが数年前に亡くなって、中野良子さんは随分悲しんだみたいだ。

いつも彼女の詩が綴られたDMを頂いていたのだけれど、ある頃を境にぷっつり来なくなってしまった。
「最近、あの詩のハガキ、やめたんですか?」
と問うボクに、良子さんはこう答えた。
「恋が終わったら、途端に書けなくなったのよ」と。
それは誰とどんな恋だったのか? ハナだったのか、それとも…。

一年半前、突然良子さんから電話があった。
「来年、28周年の記念の会でワタシの詩の朗読会やるの。イシハラくんに読んで欲しい詩がふたつあるの」

そうして何度かのリハーサル。
著名作家から名アナウンサー、そしてボクや140Bの青山など、8名の朗読者が集まった。

朗読会当日、店内にはブルーハーツの「1001のバイオリン」がずっと流れていた。
「ずっとおんなじ曲だね」という参加者達に
「今日は悪いけど、この曲かけ続けるからね!」と中野良子さんは笑った。

この日彼女の詩を詠んだ人々は、何だか訳がわからないけど、良子さんの決意(みたいなもの)を肌で感じた人ばかりだったと思う。
ボクは彼女がこの日のBGMにセレクトした曲が「1001のバイオリン」だった事に深く納得した。

詩人はやっぱりロックなのだ。文学もロック魂がないと書けないし書く理由が無い。

「もういいや!」では何も生まれない。
中野良子さんに言葉ではない大きな事を教えてもらった素晴らしい一日となった。
by nestvision | 2010-10-20 15:53 | 日記desu

yodare @ 1019

最近のこのブログ、yodare日記ばかりですみません。Twitter登場以降、日々の徒然はそっちに呟くようになりました。よろしければ是非フォローをお願いします。@makoto_ishrでっす!

b0025405_1241073.jpg久しぶりに顔を出してくれました。北新地でも美女揃いのキャバクラ「北新地Club Bank」の黒服、キムカツくんです。最近たいへんご無沙汰していたので、来週は行くね!



b0025405_12422342.jpg現在、離職票待ちの元宣伝会議受講生Iさん。またまたおいしいクッキーの差し入れ。いつもありがとーございますです。まぁ気長に就活って事で!



b0025405_12435428.jpg風邪気味のO社長。やはり編集長との打ち合わせは外せないようで早々のご来店。がんばって治してくださいね!




b0025405_1245081.jpgO氏のiPadを操り、様々な指示をADに出すW編集長。♫仕事をしてるパパはかっくいいんだぜぇい♫と清志郎さんも歌ってましたっけ。



b0025405_12462923.jpgなんかよく会ってるのですが、実はyodare久々だそうです。明日の一大プレを前に酒は控えめ。いやはや成功を祈りますゼ!



b0025405_12474596.jpgそんな姐御を気遣う元バレーボーラーのZちゃん。なんと姐御のプレゼンに合わせてこの日は早々のご帰還。ズーミー!チャチャチャ♫押忍!



b0025405_12494095.jpgこちらも久々に覗いてくださいました。火曜yodareのウラ番長です。なんか焼酎派から角派へ転向中らしい。酔っぱらいは相変わらずっす!



b0025405_1251774.jpg北新地の黒服界の重鎮であるGrand Barの平パパ登場。娘さんの就職、ええ所が決まるといいですね
by nestvision | 2010-10-20 14:05 | yodare日記

yodare @ 1012

yodareの空間は本当に不思議だと思う。
バー営業というのは”極めて編集的である”という当初のコンセプトがどんどん具体化されるのである。
暇な日もいいんだけれど、お客さんが来ると「あぁ、憶えてくれてたんだ」って少し嬉しい。


b0025405_10523541.jpgcaboというバンドに一番近い人。zumiと話していたらホッコリします。zumiと呑んでいたら楽しくなります。zumiのツイート読んでたら思わず吹き出します。caboのCDが納品されたら一番に届けたい人。


b0025405_1055440.jpg連休をゆっくり過ごして調子の出ないというW編集長。いやそれだけではないと店主は睨んでおります。秋の心のロールダッジ。お互いに楽しみましょうね。



b0025405_10572048.jpgカメラマンの巨匠、平塚センセ。12月には初孫がお生まれになるとか。ますます「やすらぎの里」で自然治癒力を全開にして元気でいないとダメですね。



b0025405_10591153.jpgW編集長、平塚センセと表紙撮影を終えたアートディレクターO社長。酔いが早くなりました。是非是非カノジョさんと「やすらぎの里」行って来てください。



b0025405_1104450.jpg月イチyodare店主をしている伊香牛部音観氏です。あの方の噂、あの雑誌の噂。まぁいろいろ世間は変化しましたなぁ…的なこと。久しぶりに伊香牛部音観堂に行きたくなりました。


b0025405_1131189.jpgこの10月に最終号を世に送り出した、ぴあの薮内編集長。「みんないろんなメッセージくれますけど、半年前に苦悩しましたから」と。確かに半年前に全ては決まっていたんだよね。


b0025405_1144398.jpg初来店。JANUSや難波ハッチ、Varitのブッキング&運営会社を経営する津田さん。caboでいつもお世話になってるムーちゃんのBOSS。1月オープンの新スペース、絶対にcabo出演させてくださいね!


b0025405_1165486.jpg今月末に引っ越しを控えたキシモト。あまり聞きたくないうわさ話に翻弄されてかわいそうです。まぁ、みんな必死やという事で赦してやりませんか?カンケーないんだしね。


b0025405_1182935.jpg仕事終わりのNew Name。やっぱ空きっ腹にレッドアイと言えどもダメよ。20時までにおにぎりだけでも食べましょうね。お酒は今の調子で控えめに。



とまぁ、適度な密度の火曜yodareでございました。
みなさんご来店本当にありがとうございました!

by nestvision | 2010-10-13 11:15 | yodare日記
とうとう今日がやって来た。あっぱれ秋晴れなのが妙に悲しい。

ぴあ関西版が、本日発売の10/7発売号をもって通巻708号。
25年の歴史の幕を閉じる。
朝、この特別な雑誌を、どの書店で買おうかと悩んだ。考えた末、やっぱり梅田紀伊国屋の雑誌コーナーで買う事にした。
1986年の4月に入社式を終えた我々ぴあの新入社員一同は各地の書店研修に入った。
ボクは大阪で雑誌売り上げが一番多いという、梅田紀伊国屋雑誌コーナーに配属。
そこから5月いっぱいまで書店員として働いた。
ボクの雑誌人の原点となった売り場で、原点となった雑誌の最終号を買った。

久しぶりの「ぴあ関西版」を丁寧に読んでやる。
ボクがやっていた頃はモノクロページがけっこうあったけれど、今はフルカラーになって久しい。
ちゃんと読めば読むほど、現編集部の真面目さがよく伝わってくる。
そのへんの”へたれフリーペーパー”が著名人インタビューやってるのとはワケが違う。
そして各ジャンルの情報欄にページは進む。
先にもこのブログ連載で書いたけれど、苦心してレイアウトしても、そのスカスカ感は埋まらない。
やはりココにぴあ的情報誌の終焉の所以があったんだなと、痛々しく読み進む。

最後に(実は一番最初に読んだが)最終ページの「編集後記」を厳粛な気持ちで読む。
あの頃、本当に苦楽を共にした後輩、薮内知利編集長がフルネームで粛々と書いている。
「やぶ流のケジメやなぁ」と嬉しく読ませて頂く。
彼が一番複雑な気持ちのまま、今日を迎えているはずだ。
アイツなりのぴあへの愛情を巻末のカラー企画「ぴあ関西版25年のすべて」として、表紙を一号残らず編集してくれている。懐かしい「はみだしYOUとPIA」もちゃんと載ってる。思わず胸が熱くなってしまう。

自分が編集に関わった頃の表紙絵にはすぐに目がいく。
この表紙の題材を決めるにあたり、いろんな攻防が毎回あった。悔しい思いをしたり、優越感に浸ったりの繰り返しだった。

ボクが新入社員としてはじめて関わったのは1986年4/4号の「カイロの紫のバラ」。まだぴあを知らない人が読んでくれたら…という販売部の発案で、電車の網棚に一冊づつ置いたのを思い出す。
そしてこの編集部から巣立った時の表紙が「ともさかりえ」だった。
有給休暇を使わず、最後の日は渡辺さん、薮内くん、河口くんと普通に打ち合わせを17時からして19時に終えて普通に帰った。
何もセレモニーをするな!と命じたものだから、何も出来ずに薮内が小さく拍手で送り出してくれたのが嬉しかったのを今でもはっきり覚えてる。
社を出て、あの「神山1」の交差点、今の天下一品からOMSを見上げて、ひとり深々と一礼したのが昨日のようにフラッシュバックする。

「情報をただ並べて何になるんだ?」と言われ続けて、結局インターネット時代の到来をある意味でコンテンツとして予見していった巨大メディアだったと思う。
「もう情報誌も終わりだね…」では決して無い。
あの頃、ボクらが読者と一緒に築いた情報誌があったからこそ、我々は今これほどの情報量を処理する術を身につけたのだと思う。

かつて蒸気機関車が時代の流れと共に姿を消し、電車へと移行して行った。
まさにそういう事と同じで、誰が敗者だとか勝者、という単純な問題ではない。

25年という気の遠くなる時間の積み重ね。そこに出入りした人々。ビッグになった人、そうでない人、別の道を進んだ人…。その歴史がすべてここに詰まっているんだ。

悲しいか? そりゃ悲しい。泣き出しそうに悲しいさ。
自分の小学校がダムの湖底に沈んでしまうようで、何とも落ち着かないし、その怒りのぶつけ先も知らない。

とにかく、最終号を立派に世に送り出した 現編集部の後輩たちに敬意を表する。
本当におつかれさん!
お前ら、淡々と最終号までやって、カッコ良かったよ!

そして、ぴあ社の新しい未来にエールをおくりたい。
最後に、本当に、ほんとうに、ホントウに、ありがとうございました!
ぴあ関西版よ、永遠に。

b0025405_16342620.jpgPS:最終号のぴあ関西版 各書店も力を入れてくれているようです。是非一冊買って頂き、25年働き続けた老兵に有終の美を飾らせてやってください。
by nestvision | 2010-10-07 16:33 | 日記desu

yodare @ 1005

少し蒸し暑さの戻った北新地。気づけば今年もあと三ヶ月を残す所となりました。いやほんまに時の流れるのは早い早い。

b0025405_14345310.jpgご無沙汰だった元宣伝会議嬢です。おいしいお菓子をお誕生日プレゼントに頂きました。実はこの方と名前も誕生日も一緒なんです。



b0025405_14355582.jpg中学から大学まで同窓の某保険代理店の社長くん。いろんな思いが錯綜する四十路の男バナシ。楽しかったね。





b0025405_14391253.jpg同じく中学から同窓の財閥系Nくん。いわゆる昭和のイケメン。今では大学OB会のお仕事を積極的に。エラいなぁ。



b0025405_14404573.jpgご存知O社長です。最近はスポーツクラブ入会、そしてファスティングに興味津々なええ感じ。呑みっぷりもダンディー。きゃー。



b0025405_1442477.jpgバッグのデザインをやってるNew Name号。こちらも最近の呑みっぷりはまさにお嬢様系。あの時代が懐かしいくらいにおしとやか。ええ事っす。



b0025405_1443942.jpgいつになく化粧の濃いキシモト。不動産オーナーになり倹約生活の続く中、ご来店くださいましたぁ。金曜日に電話するわ。



b0025405_14442136.jpg東京は千葉の桃源郷からご帰還のW編集長。あの日のアレコレを聴き、店主蒼白。もう酒はやめました。




b0025405_14451574.jpg久しぶりの Hatt嬢。いつもの色キチではなく、なぜかシック。しかし酒は相変わらず強いのぉ〜!




とまぁ見ての通り、新旧取り混ぜた面白いラインアップ。このあたりがyodare店主の面白さ。
ご来店のみなさまに深く一礼!

by nestvision | 2010-10-06 14:48 | yodare日記
大阪城は西の丸庭園の特設テントで行われている「平成中村座」。
十月大歌舞伎の夜の部を堪能して来ました。

今回は「俊寛」「太閤桜」「弁天娘女男白浪」の三本立て。
この平成中村座プロジェクトは初心者にも見易くて、全体をコンパクトに、そしてビジュアルにいい所取りしたエンタテインメントとしてしまった所に勘三郎さんの工夫があって、毎回楽しませて頂ける。

本物の大阪城天守閣のライトアップを借景とした「太閤桜」。明智光秀に扮する獅童さんもハマり役で、本当に息をのむ演出でした。
十一月大歌舞伎も大いに期待したいところです。

b0025405_14301242.jpgb0025405_14302733.jpg












さて、歌舞伎観劇といえば幕間のお弁当がもうひとつのお楽しみ。
馴染みの料理屋さんでのオリジナル弁当もいいけれど、やはり特設会場ですから食べるスペースも限られています。なので今回は、道頓堀「今井」さんの二段重ね。ご自慢の煮しめの数々と栗ごはん。シアワセ☆
by nestvision | 2010-10-06 14:32 | 観ました!review
b0025405_1244465.jpg伊藤えん魔渾身の新作「惑星ボーイズ」をABCホールに観に行く。
観劇後の第一印象は「あぁ、えん魔ちゃんが肩の力を抜いて芝居してる…」って感じ。
自然体で芝居環境を構築して、自然体で書き下ろして、そして自然体で演出したのがよくわかる。

キャスト陣は宮都謹次(売込隊ビーム)、山浦徹(化石オートバイ)久保田浩(遊気舍)行澤孝(赤鬼)坂口修一、そしてかっぱさんといういわば”えん魔組」の集結。
さぞや稽古は楽しい雰囲気だったんだろうと思う。
そういやボクが2006年にエキストラで出演させてもらった「クレオパトラ」もこの”えん魔組”が総出演していて、なんか懐かしかった。

特攻隊と宇宙飛行士の武士道を軸に、メディア批判や社会の閉塞感をモチーフに、時間の経つのを忘れさせるいい作品だった。

今作はきっと劇作家、そして演者としての伊藤えん魔にとってエポックな一作だっただろうと思う。
観客からの難を言えば、「あまりにえん魔ワールドを理解しているキャスト陣の名演によって、あのファントマのゴリッとしたざらつき、粗さが無い事。
スムーズな流れで、ギャグもよどみ無く、フッとハードボイルドなドラマツルギーの軸に涙できるのだが、観客の右の軸足が舞台に向かわなかったような感じ。
股関節開きっぱなしで安心して観れるような、そんな完成された芝居だったと思う。

さて次回作は是非とも”演出家 伊藤えん魔”の真骨頂を打ち出して欲しいのである。
悩み抜いて、幕が開いて、まだ悩んでいる演出家、伊藤えん魔も観たいのである。

ちょっと贅沢な注文だろうか?

楽日は明日。見逃してる方は是非とも目撃しておくべき舞台だと思う。
by nestvision | 2010-10-03 13:03 | 観ました!review
最近、なんか”女子”が変だと思う。
年齢でいうと24歳あたりから31~2歳といった辺りですな。

まず「女子会」って何だ?と思う。
さして”仲の良くない同志”が、なんとなく”仲が良い風”を装って男抜きでメシおよび酒を喰らう。
物言いはどことなく男口調で、どうでも良い話題に大笑いする事によって”仲間感”を醸し出す。

お互いに金の無い事を自慢し、なのにバーキンからクロエの札入れを出し、千円札しか入っていない事を自虐的に笑う。

結婚は夢見てるようだが、それに対して何の努力もしていない。

肩こりがひどく、自律神経がおかしいと言うが、基本的に基礎体力の無さと、運動不足による部分が多い。

巻き髪ブリブリを日頃笑ってるくせに、友人の結婚式では巻き髪ブリブリにして本気で泣く。
式の出し物も、何ともいえない素人芸(たとえばエリーゼのためにのピアノ演奏など)を恥ずかしげもなく披露。

カフェではカモミールティーを飲むが、自宅では麦茶すら沸かさない。

インテリジェンスの欠片もなく、最近読んだ文学は「君に届け」と平気で言う。
にしては自己啓発本はけっこう読んでいて、「思い続ければ叶う」を猛進し、言葉通り”思い続ける”しかしていない。

どっかおかしいやろが!
by nestvision | 2010-10-01 12:41 | 日記desu

yodare @ 0928

更新遅くなりました。
いやはや久々の”まったりすぎる”暇な火曜yodareでございました。


b0025405_1219354.jpgはい開店以来のご贔屓、O社長です。久しぶりにゆっくり話たね。




b0025405_12203749.jpg同じく開店以来のご贔屓さん、W編集長です。





何も店を開けてBarごっこやる必要もないほど、店主にとってはディープなお二人。まぁ、こんな夜もいいもんですな。
by nestvision | 2010-10-01 12:22 | yodare日記