イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

iPadで何が変わるか?

勢いを増しております、iPadだの電子書籍だの…の話題。
今のところ、iPadの現物は未だ私の元には届いていませんが、ずっと雑誌の編集者をやってた人間が、この事をどう思っているのか?を記しておこうと。

何も雑誌や書籍がこの世から消えて無くなるという話ではないんです。
大きなイノベーションってみんなが言っているのは、いわば旧いシステムがガラガラ崩れるのですよ。
言い換えると利権とかも無くなっちゃうような。
そして、ユーザーの頭からインターネットに繋がってるという実感が消えるということ。

情報ってのは、我々がご飯食わしてもらってきたこの30年ほど、「特別な人(編集者や業界の人)が、一般の人にお金を取って情報を教えてあげる」というスタイルで成長してきたんですね。
ところが、この大きな波は、「知ってるってほんまに知ってるんか?」とか「オレ、無名ですけど、このジャンルに関してこんなに情報もってますねん」な人々が多数登場するということ。

小説家は今まで、何かの賞に受賞して、プロとして出版社と契約するというスタイルだったのですが、これからは、自分が勝手に書いた小説を、一冊100円とかで売る。在庫も印刷代も何もないから、趣味の人や成り上がりたい人が有象無象で作品を発表する。
ダウンロード販売された実績を基にして、出版社が書籍として出版するかどうか決める。
そうなると、マーケティングという概念が極めて薄いもの、あるいは眉唾なモノに変容するのです。

少し前から音楽ではこういう動きがありましたね。インディーズでとことん火をつけて、満を持してメジャーでデビューという、あれ。

言葉足らずですが、老若男女が、そこをインターネットを意思せずしてやっちゃう。

当たり前で革新的でも何でもない所が、iPodの凄いところなのですよ。
Windows VS Mac OSっていう小さい次元や無いのです。

誰が今後困るかというと、平たく言えば情報操作していた人々。
官僚や、旧式の選挙手法をとっていた政治家。先生、学者、タレントなど、そして何よりテレビ関係者。

ラジオや新聞は逆に盛り上がっていくような気がする。
雑誌は沈没組と、上昇気流に乗りました組にハッキリ分かれる。

まぁ、そういう事なんで、iPadもiPhoneも、可能ならば触った方がいいし、それから選択すればいいと思います。

どうですか?
もし仮にあなたが、昔の友人に出会って
「なぁ、またメールするからアドレス教えて」と聞いたら、
「いやぁ、携帯とかパソコンがダメでねぇ。アドレスとか無い」と言われたら…。
その友人を攻めはしないけれど、ちょっと口があんぐり、どうしていいかわからない。

「電卓ある?」と聞いたら、
「お前、老化が進むぞ。ほれソロバンでやれ!」と言われたらどうだろうか?

「CDかけるね」
「ごめん、MDかレコードなのよ、ウチ」と言われたら…。

まさにそういう変化なのですよ。当たり前っちゃあ、当たり前なんです。

なんか書きたい事の半分も書けてません。
また次の機会に(^o^)
by nestvision | 2010-05-31 18:43 | 日記desu

新生cabo発進します!

4年間、sanco、haruyuki、そしてボクという3人編成でやってきたcabo。
訳あって、drumsのharuyukiさんが事実上脱退という事になりました。
今後は、vocal&guitarのsancoと、guitar&pianoのボクmakotoの2人でcaboを続けて行く事になりました。
サウンドメイクの拡がりを、今後様々なゲスト&サポートミュージシャンと共に追求したいなと思っています。
またharuyukiさんも、バンド活動されていくと思うので、どこかで見かけたら応援よろしくお願いします。

そんな"新生cabo"のライブイベント第1弾を演っちゃいます!
なんと、西九条にある、ベタベタの立ち呑み屋さん「こばやし」さんでライブをやらせてもらいます。
たまたま飲みに行ったsancoが、その雰囲気と、お父さん&お母さんのお人柄にベタ惚れ…って所から、このライブは動きf出しました。
北新地のロックバー『際』のママがノリノリでプロデューサーをやって頂く事になり、西九条「こばやし」の”立ち飲み三銃士プラス”の面々が全面的に制作を仕切って頂く事になりました。
世界のアートディレクターであるシマダタモツさん、写真界の巨匠、平塚センセ、メイク界の寵児、HARIO氏、そして弊社ファッション部長のhattちゃんが無償参加してくださったポスターも楽しみです。
(貴重なシルクスクリーンをライブ後オークションにかけるとか…)

では、ライブ詳細です!

DAY/6月20日(日)
TIME/17:30〜(1st. stage)/19:30〜(2nd.stage)※入れ替えなし
PLACE/呑み処「こばやし」(JR、阪神「西九条」下車すぐ)
FEE/¥200(飲食は別)
ACT/cabo + すすきかずお
※caboギャラは無くて、当日cuteなチップガールが登場しますので小銭のご用意を(笑)


【重要事項】
人数に限りがあります。参加希望の方は、6月19日の正午までに下記へご連絡(早いもの勝ち)
TEL&FAX 06-6340-1536
(FAXには必ずご連絡先とお名前を明記してくださいね)
みよし茶業/西田さん(立ち飲み三銃士プラス)


PS 美月さんはsanco枠に入ってます!

どうぞ!お酒と新生caboサウンドをゆるーくお楽しみくださいな☆
by nestvision | 2010-05-29 01:47 | ミュージシャン修行
b0025405_12251496.jpg拙者のブログ、twitterなどで、"兄ぃ”としてよく登場する江弘毅の新刊が間もなく出ます。

「本の雑誌」にこれでもか!と連載していたものがまとまりました。
関西の情報誌として独自の地位を築いた創刊(副)編集長の江兄ぃが、創刊から会社を辞めるまでを綴った爆笑暴露本。
実名で有象無象の関西の編集者たちが登場します。
もちろん、石原やじんえもんも頻繁にエピソードに出てきます。

「どんな仕事してるんだろう?」とか、「どうして編集長経験者はみんな会社を辞めていくんだろう?」とか、「関西の編集者は横でつながってる」という都市伝説が痛快に解明される本です。

歴代の宣伝会議受講生は必読のうえ、読書感想文をアマゾンのレビューに投稿したら、yodareのチャージを無料にします。よろしく!

および、北新地関係者のみなさま「石原さんは、いったいどういう仕事をしてるのか?」「ホンマに働いているんだろうか?」という疑問にジャストに応えてくれる好著でございます。
「こんど、二人きりで福島のイタリアン行こか…」などと微妙に口説かれてる貴方、ミーツの本質を理解して、そのスケベオヤジに蘊蓄を語って窮地を脱して下さい。
「ミーツへの道、買って読みました」と申告してくれたら、ワイン開けますのでヨロシク。

「ここさぁ、ミーツで載ってたんだぜ!穴場だろ?」とかいう80年代広告マン風細身ビジネススーツ系とお付き合いの女子大生の方、これを読んで、ミーツ依存症のボクちゃんをギャフンと言わせましょう(^_^)

最後にヒトコト言っときますと、
拙者はミーツリージョナル野郎は大キライですので。
よろしく☆(^_^)

出版社 本の雑誌社
著者  江 弘毅(こうひろき)
発売  6月2日より全国書店にて


amazonでももちろん買えます!

石原研究家のキシモトは必読の書やと思います☆
by nestvision | 2010-05-26 12:41 | 日記desu

yodare @ 0526

久々の火曜yodareでございます。
やる気はあるのですが、何だかドタバタでして。
開店早々、お店は満席。ホンマにマスターは果報モンでございます。
久々ゆえ、写真撮り忘れが多いです。すみませんでした。


b0025405_11485912.jpg同伴出勤してくれたのは、文学同志M。なんか凹んでいると必ず目の前に現れるという不思議かつありがたい人。彼氏さんとコラボのミステリー作品の構想など、この作家ほんまにパワフルやわ。


b0025405_11502170.jpg元宣伝会議受講生Aくん。サンドウィッチの差し入れありがとうございました。
いつも朗らか&癒しキャラ。それ、大事にしてくださいよぉ


b0025405_11512629.jpg元宣伝会議Bくん。お仕事終わりでAくんと合流。男同士であんなに話がふくらむってのもええもんですなぁ。
また来て下さいな。



b0025405_11523276.jpg大手M新聞の元宣伝会議嬢。なんか部署変わったって言ってたけど、ちょっとは暇になるのかしらん?
中之島祭、お疲れさんでした。



b0025405_11534322.jpg本通り、老舗ラウンジ「プレイモアジュニア」でピアノを弾いて40年。店主のジャズの先生です。
ちょこっとお店の合間に来て下さります。店主光栄でございます。


b0025405_11554479.jpg元宣伝会議A嬢、利き酒ライターとしてそのうちデビューするA嬢。あれ?写真撮ったのになぁ。なぜか保存されておらずクマ。
次回、また撮らせて下さいね(^_^)


b0025405_1157722.jpgんでA嬢のお友達の、電子カルテを作ってるとかいう方。なかなか面白い天然感をお持ちのようで。
一句…、「大企業 深みを避ける 二十代かな」(お粗末<(_ _)>)


b0025405_11593368.jpg毎月yodareで[shimi+bar]やってる清水マスターからのご紹介。なんと一ヶ月に一回くらいyodareやってみようかな?と打ち合わせの為に来店。すみません、難しい決まりとかなくて。


b0025405_121711.jpgんでそのbarを相方としてやってみようという方です。ファンキーな朗らかさで、この人たちがyodareやったら、さぞ楽しそうな予感がします。



b0025405_122294.jpg上記お二人の保護者嬢さんです。やっぱ娘が「遊びでbarやる!」って言ったら心配ですよね。お越しになって、余計に心配?あら、失礼いたしました。



b0025405_1232566.jpg月に一度(第2金曜日が定例)yodareで[Kent bar]やってるW編集長。宣伝会議生の多さにビックリ。まさに火曜yodareのご意見番です。あぁ、また壊れるW編集長を見てみたい。


b0025405_1232566.jpgご存じO社長。どっかで吞んできたので、ほとんどローペース。眠くなったら帰ってベッドが大原則ですよぉ!




b0025405_1232566.jpgそしてnew name号。ビール在庫なくてすんません。しかしこの時期にストール巻き巻きとは驚き。どっか悪いんとちゃうやろか?



b0025405_1232566.jpgこちらも宣伝会議修了生の現アロマテラピストのSさん。すみません混んでいて。
仕事ぼちぼち…、何よりです。



b0025405_1232566.jpgSさんご友人のネイリストの先生。お二人でしっかり吞んできておられたので、アフターソートって感じでしたね。
次回来られたら、またMagicやりますので。



b0025405_1232566.jpgそしてラストはキシモト。前にいた会社の社長の誕生日だったとかで、久々の北新地モード。お蕎麦のアフターに拉致されてしまいました(うそうそ(^_^)



とまぁ、クマだらけになってしまったのは、店主不徳のいたすところ。今後の精進に免じておゆるしあれ!
久々の火曜yodareに集って下さったみなさま、ありがとう(^_^)

by nestvision | 2010-05-26 12:11 | yodare日記
本日の火曜yodare
店主体調不良のため
休みます
次週5/25は営業します
ごめんなさい…ほんまに

by nestvision | 2010-05-18 12:32 | yodare日記

劇画的であれ☆

最近、ひとつのキーワードが頭の中に明確にある。
劇画的である!
ということ。

黒船の到来で、ほとんど幕末状態のメディア界。
心理描写をしてはダメ。絶対的に劇画タッチにコンテンツを仕上げないとあかん。

心理描写は、描ききれない奴の保険だと理解されて行くとおもう。
なぜなら、心理解読というものの、虚しさ、意味のなさにみんなが気づき出した。

テレビ番組も劇画的なものは、どんどん視聴率を上げて行くだろう。
劇画的な雑誌は残るだろう。

劇画的な写真、
劇画的なコピー、
劇画的な俳優やモデル(阿部サダヲがいた)
劇画的な音階、音楽
劇画的な映像
劇画的なWEB SITE
劇画的なマジック
劇画的な飲み会
劇画的な就活
劇画的な死

あぁ、考えていたらワクワクしてくる☆

劇画的、劇画的。
念仏のように最近唱えている。
by nestvision | 2010-05-17 00:15 | 日記desu

いつになくマジメに。

最近、頭の中が少々の混乱と興奮で満たされつつあります。
少し前までは、ボクのやって来た仕事(雑誌を作ること)って何やったんやろ?
もう、時代が変わって来て、ボクはポンコツなんじゃないかと思って沈んでいました。

理由はいくつかあって、昨年来から慣れ親しんだ”情報誌”たちが相次いで休刊(って言葉はキライ。廃刊)した事で、俄然この世界がかつての映画産業に居た人たちのような気がして来た。
そして、iPhoneやiPodなど、新しい風を予見させるメディア(今のところデバイスだが)の登場と、周囲の火事場のネズミの様な騒ぎ様。
まさにメディアでやってきた連中が右往左往してる現状があって。
それと、自分の周囲の環境の変化。ここ7年ほど、渋々Windowsに落ち着いていて、「まぁ、コンピュータなんてハサミと一緒やし、どれでもええわ」と思ってたのだ、2010 年の初頭にMac Book Proに母艦をチェンジしてから、Googleを中心に、自分の環境がクラウドに突き進んだ。

「もはや、オレの時代ではなくなったか?」と焦っていたのだが、周囲が電子書籍やデジタル化したメディアの夢を語っている事を、広告の裏に遊びで整理してみると、ほとんどが旧態依然とした発想だったのだと気づく。
だいたい、理解して来た新しいネットを中心としたメディアの大変革を自分なりに夢想してみるに、むくむく発想が湧いて来るのですね。
とっちらかってた頭の中が、何となくデフラグされてきた感覚。

全然、大丈夫ちゃうか?と、根拠の無い自信みたいなのが湧いて来てるのです。

思えば15年前に以前の出版社を辞めた時に夢想した”新しい時代”にやっと具体性が出て来たのではないか?と感ずるに至るというワケです。

がんばります。
by nestvision | 2010-05-15 22:47 | 日記desu
b0025405_859294.jpg
(C)劇団☆新感線

8日のソワレに引き続き、13日の大千秋楽を観る。
千秋楽にして最前列。キャストの汗も唾も被りながらの至福の4時間でありました。
劇団創立30周年の節目に、RXとしてのGoemon Rock Over Drive。
メインキャストは古田新太と天海祐希。
もはや心配事は何も無い。休憩時間さえ惜しい、まさに"Over Drive"な4時間あまり。

演出のいのうえひでのり。
知ったような劇評には、「大胆な演出」とか「唯我独尊・いのうえワールド」などと表現されているが、僕の持ち続ける彼の印象はちょっと違う。
「繊細で神経質で、きわめて小心者的なフェチ」(自分の中では最高に賛美してるつもり)な演出家だ。
現代に於いて、一番近松に近い感覚を持った劇作家ではないか、と思う。
彼の中ではきっと、キャストに対する観客の期待に全て応えたい(いや応えないと怖くてたまらない)という強い意志があるし、今回のRシリーズ(いのうえ流音楽劇の総称)のように、「ロックは生演奏じゃないと伝わらない」という頑な信条(というより生演奏以外は考えられないという生真面目さ)。そして何よりも旗揚げ以来のファンを裏切る事を最も恐れていて、その逆に、いい意味で必ず観客を裏切らねばならぬ、と胃炎になるくらいに悩んでる、という自己矛盾。
そういう意味で、独善的で哲学的な舞台を作る作家とは大きく異なる大衆性を持った人。
いわば温泉場の新劇座長であり、近松門左衛門がメディアであった頃の、猥雑な上方歌舞伎を現代にトレースした人。

ボクが新感線に初めて触れたのは、'84年の『宇宙防衛軍ヒデマロ』あたりの、新生新感線と呼ばれるあたりからだったと思う。
最初に勤めていた出版社の入居するビルがOMS(扇町ミュージアムスクエア)で、同じスペースに新感線のオフィス&稽古場もあった時代だった。
出版社の営業の駆け出しだった頃、彼らは裏の駐車場で筋トレやら発声練習をひたすらやっていた。羽野亜紀が奇声を発し、古田新太がスクワットをしていた。そしてそこから時は大いに流れたのである。

天海祐希という”国民的鉄板女優”を使って、彼らは30年前と変わらぬ新感線を見事にやってのけた。
新感線が、ニッポンという国において、最大公約数的である天海に追随したのでは全然ない。
劇団☆新感線という、あの時と変わらない”ベタな関西小劇場の世界”に、天海を引きづり込んでしまったといえる。

実は8日のソワレの後、北新地のとある割烹で、関テレに接待されてるいのうえさんに偶然遭遇した。
「今日の公演面白かったです」とだけ声を掛けて店を出たのだが、その時の、いのうえさんの心からハニカんだ顔が嬉しかった。
本当に嬉しそうに「ありがとうございました」という言葉には、「関西小劇場で最も成功した男」とか、「小劇場を商業的に成功させた野心的な演出家」なんて謳い文句は、やっぱりさっぱり本質をわかってない東京の劇評家による後付け記事なんだと思った。
だって関西では「新感線のいのうえぇ〜」だし、「芝居やってる変な奴ら」なのだから。

大千秋楽では、いったい何回のカーテンコールが巻き起こったか知れない。
1Fから3Fまでまさに総立ち。
そして、千秋楽恒例のロックナンバー3曲を古田も天海も歌いまくり(もちろん♫ババンバ バンバンバン♫もやった)、定番の「せんべい投げ」で大興奮のうちに終演となったのでした。

新感線は、大昔、「大和」や「軍鶏次郎」でダラダラ呑んでいた頃と何ら変わっていなかった。
僕はそこが本当に嬉しかった。
ありがとう劇団☆新幹線。ボクも30年はやらなあかんかな?って思えたよ。
by nestvision | 2010-05-14 09:00 | 観ました!review