イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

モチベ低下中です。

まぁ、複合的にいろいろあり過ぎて、モチベーションが急降下中です。
なんだろう、人とのコミュニケーションの中で、建前と本音というか、表向きと裏向き…ってんでしょうか。
そういうの疲れます。
天真爛漫というのは、ほぼ成人には苦行のような心持ち、および状況ではあると思うのですが、出来ればその届かぬ天真爛漫に向かいたいと願うわけです。
by nestvision | 2009-03-31 10:26 | 日記desu
b0025405_1556686.jpg東京と大阪に、このヘンな機械を2台買うた(-_-)
カラースキャナーのA3がピューピューと紙を自動的に読み取る奴だ。
1台が諸々諸経費を入れて、35万。
いきなり70万円がぶっ飛んだ(怒)

そもそも、このコピー戦争は、昨年の春にさかのぼる。折しもエコ元年である。

弊社には「オープンしましたぁ~」とか、わけのわからんFAXがよく来る。
紙が勿体ないと思っていたら、某キョーセラミタが、PCで読み取って、必要なモノだけプリントアウトできまっせ!な商品が出たという。
しかも今までのリース金額はそのまま。スピードもそれなりにUPだという、イイコトづくめだった。

そしてコピーがやってきた。
何とも、不良品かと思うほどの動作の遅さ。
「ありえないよね」と代理店に文句。
代理店いわく、現在、ファームアップ中で、何とか夏までには正常なプログラムに差し変わります。

待つこと数ヶ月。年を越える。

社内はブーイングの嵐。
まるで、僕が独断でコピー機を導入したかのよう。

某キョーセラミタはボンクラの集合体で埒が明かず。

業を煮やした代理店が、コピー界のプリンス、XEROXを口説き落とし、まぁ、なんとか機種を交換するという方向で話しが決着したのが、この春。
ボンクラの某キョーセラミタは、フェードアウトしたまんま。アホやあいつら。

んで、やっとこさXEROXに変わって、めでたし×めでたし…の矢先、
「カラーのスキャナーが無いと、厳しいですぅ」って、また社内ブーイング。
「しかもB4はいります…」だって。
で、B4スキャナーが無くって、結局A3サイズとなりましたとさ。

カラー複合機って線も考えないでもなかったけど、結局カラーにしたら、何をするにもカラーになっちゃうし…って事で頑なにモノクロ複合機。
だってカラーにしたら、みーんなカラーで出力するもん。
大体、モノクロのカウンター料金が2.5円だとしたら、カラーは4.5円。
街のラーメン屋で、会社でカラー出力したであろうクーポン券を持ってるサラリーマンを見ると、殴りたくなってしまう。(殴らないけど)
なんで、4.5円のカラー出力を出して、温泉玉子を一個付けてもらうねん???

ほんまに、えらい金かかりまっせ(-_-)
激セコい社長のつぶやきでございました。(失礼)
by nestvision | 2009-03-27 17:59 | 日記desu
b0025405_23213729.jpg大阪府の主催で、あまりイベントに出演しない作家の町田康がトークショーをやるという。
しかも対談のお相手は、われらがアニキ、140Bの江だというので、必見イベントとして楽しみにしていた。
世の文学好きと同様に、僕も町田康の作家デビューは衝撃的だった。
パンクバンド時代の「犬」というバンドの「メシ喰うな!」というアルバムも持っていたと記憶する。

そして、自分が文学を志すようになってからも、彼の文体を因数分解したり微分積分したり試行錯誤した日々もあった。その結論として、彼の文体は変に影響されてしまって、自分の中では禁じ手と勝手にしてしまった。

今日のトークショーは、兄貴の雑誌編集者視点と、町田の作家視点の両方が痛いほどわかって、のめり込むくらいにおもしろかった。

兄貴は編集者という「大衆の集積」あるいは「第三者的な平易さ」を求道し続けた人間は、町田の深層心理を言葉(あるいは言語表現)として引き出そうとする。いわゆるICON化をしないといけないのが、我々雑誌編集者の性である。
対して町田は、書き手としてセオリー通りにやっている、単なる恣意的な思考活動でしかない、という書き手としてはしごく普通の意見。
どちらも噛み合っていて、噛み合ってないバトル感が痛快だった。

要するに雑誌編集をやってないと、江の喰いつきを理解はできないだろうし、小説を書いて、吐きそうなくらいに自分の深層を見つめた人間じゃなければ、町田の浮遊感はわからないだろう。
要するに作品と個人は違うというワケで、評論してもらうのは有り難いが、自分でも何でそう書いたのか、意味不明という境地は確かにある。
場合によっては、そういう主人公(あるいは視点)の一人歩きを期待しながら、パソコン画面を徘徊する事もしばしばだ。
理由はない。書いてしまったから仕様がない。
だが、編集者的には、そういう衝動に某かの理由(あるいはICON化)が必須で、それを媒介にして読者に伝えるクセがついている。

印象として、町田はやはり天才ではなかったという事。
我々と同じく、テーマに悩み、文体に悩み、そしてちっとも自作に納得がいってない、凡庸な一作家であった。

安心したというより、そのコンサバティブな文学への真摯な姿勢に焦りさえ感じてしまった。
僕なんて彼の何倍も努力しないといけないのに、彼は僕の数倍もの試行錯誤を行っている。

小説を書くモノとして、天才作家など誰一人いないと感じたし、やっぱり書き続けるしか解決方法はないとさえ思った。

文学はどこまでも優しくて、そして残酷だとも思った。
だから面白いのだけれども…。
by nestvision | 2009-03-25 23:30 | 日記desu
3年ほど@関西でやってる、ボーカル&Guitar+Per.のユニット「Cabo」
持ち曲も増えてきたし、今年はストリートライブに挑戦したいと思っております。
そこで機材購入第一弾。
乾電池で15時間動いてくれて、重さなんと2.3Kgというアンプを購入。
GuitarのインプットとVocalのインプットが独立していて、それぞれにエフェクトもかけれるというスグレモノ。
こんな夢のアンプが2万円ほどとは、ホントいい時代になりました。
そして、こちらは、エフェクターサイズのマイクミキサー。電池入らず。Caboの場合、僕がコーラスやったりなので、マイクは2本必要。かといって大層なMixerはしんどいし…、でドイツのメーカー製。1万円弱。

b0025405_16523292.jpgb0025405_16524228.jpg←多分車移動しなくても、全然歩きで持ち運べる範囲です。
あとは、場所のリサーチですなぁ(^o^)
by nestvision | 2009-03-25 16:58 | ミュージシャン修行

yodare @ 0324

春のぼんやりした気配の流れる北新地。
なんと火曜yodareは久々のボウズ寸前。
これも、また良しの、春の夜の夢なんでございます☆


b0025405_15392546.jpg某大手出版社の広告部のエライさん、E氏。ぼんやり広告業界を憂いつつ、しっとりハイボール。
また、Eさんデーにも行きますね♪



b0025405_15405298.jpg同大手出版社の広告部、E氏の部下I氏。天然系を醸し出す合間に見え隠れするシャープな感覚。
お仕事でも、弊社をよろしくおねがいしま~す(^_^)v



って感じで本日は終わり。
ボンヤリと後はマジックの練習。そして悪友とアフターで「KIWA」さんへ飲みに行く☆


次週、火曜yodareは
3/31(tue) 21:00元気にOPENっす☆

スケジュールはhttp://www.yodare.infoでチェックね☆
by nestvision | 2009-03-25 15:42 | yodare日記

たまらんGuitar☆完成(^o^)

0323 @ SHIBUYA

b0025405_1442064.jpgついに、究極の自分仕様のGuitarが完成しました。
写真は、ESP渋谷CRAFT HOUSEのリペアマンの石井さん。僕の持ち込んだギターを丁寧にチェックして頂き、どんな音楽をやっていて、どんな方向性を持っているのか?をこれまた丁寧にヒアリング。
指定したパーツの善し悪しから、最終的なフィニッシュワークまで、彼が手掛けてくれました。
僕のギターご指定の職人さんでございます。感謝です。


b0025405_1445846.jpgベースとなったのは、ヤフオクで6万円で競り落とした「Fender Japan Telecaster Thin-Line Special 07~08」というモデル。
デフォルトでFender製のピックアップ(マイク)がついていたんですが、全部を交換。
まず、LINDY FRALIN製のTelecaster Setという魅惑のピックアップを、センターとリアに。
フロントにはSEYMOUR DUNCANの’59 SPECIALを装填。

その他では、ジャックと配線材を最高級のHuman Gearものに。
あと、ピックアップセレクターのユニットを交換。ボリュームとトーンも500Ωのスムース系ユニットに変換。
最終的に、石井さんによるネック調整とフレット研磨を行っていただきました。

b0025405_14505083.jpgそして試奏の為にアンプにINしてみました。
あぁ、清涼感~重厚感まで、思いのままの音。そして芯が確実に加わった音。
5セレクターで、フロント、センター、フロント+リア、センター+リア、リアという切り替えで七変化に音が変わっていきます。ジャズ~ブルース、そしてcaboでの歌モノのバッキングもすべてに対応できます。
それに加えて、ネックの持ち心地&弾き心地に関しても絶対的に向上しています。

最高っす(^o^)
by nestvision | 2009-03-25 15:31 | ミュージシャン修行

姫 ☆ 遂にデビュー

b0025405_1835101.jpg中1の姫。女子バスケット部に入部して一年近く。
今日、地元リーグの新人戦にデビューするというので、会場となる敵陣の中学まで朝イチから出掛ける。
バスケットボールってのは、空間感覚とリズム感なんだろうなぁ…。
体の中にbeatのある子は、やっぱり上手。
ウチの中学は、そんなに強くないので、決めの得点力に欠ける。
まぁ、中学生やからええやん(^_^;)
そかそか、春から2年生になるのねん。
by nestvision | 2009-03-22 18:39 | 日記desu
b0025405_18562053.jpg先日yodareにも来てくれた、むーちゃんがブッキングしているという、江坂MUSE HALLでのイベントに「Cabo」出演してきました。
このイベントを主催する会社が、なんとシティライフという出版などで、いろいろ絡んでいる会社。ビックリしましたぁ。
んで、イベントでの僕らの演奏の方はつつがなく…って感じでした。

鉄板の選曲でしたし、ちょっと会場の照明の関係で、Vocalのsancoがやりにくそうでしたが…。

しかーし、それにしても、どーしてアマチュアのロックバンドのキーボードの人って、あぁいう弾き方をするんでしょうかねぇ。
リズム刻んでないというか、ビート感じてないというか…。
「譜面通りに弾いてますが、何か?」的なバイエル女の演奏は聴くに堪えない(^_^;)
伝染りそうなので、ロビーでタバコをふかして過ごす。

で、このライブの目玉が、有山じゅんじさんのライブ。
関西ブルースシーンの重鎮。
最近よくライブに行く大上留理子先生や、旧優歌団の面々もそうだけど、ちゃんと音楽にシリアルがある、というか、場の刻印みたいのがあって、例え関西人でない人も関西的な世界に引き込まれる…っていうか。

要するに、音楽である以前に文学なんですね。あれは…。
いやぁ、ヨカッタです。
マジックでいえばマギー司郎級ですな。
もはや、究極の人芸の域に達しておられます。

有山さんの演奏を聴きながら、頭の中は大きく話題が逸れた。
先日、弊社ギャラリー・キュレーターのウッチーとも話していたんだけども、結局は「大衆」ってのがテーマだし、そして面白い。
ポップとかそういうんじゃなくて「大衆」。
逆に言えば、「大衆」を相手しないすべてのクリエイティブにあまり興味はない。

芝居、音楽、浮世絵、手品…。
「わかる奴にわかる」んだけど、風呂屋に行く途中のおばちゃんにも、それなりに解る…、ような。
表現者はユニバーサルな伝達姿勢がないとダメだと思った。

有山さんの演奏も、そりゃ40年の中でいろんな刺激を受けて出来たものだろうけど、でもきっとあの演奏は商店街の入り口で、ビールケースの上で演奏してもウケるだろうし、NYのアポロでやってもウケるんだろう。
そういうこと、やりたいのは。
仕事でも遊びでも。

そういう意味でも、なかなか腹にズンときた、素敵なライブでございました。
sanco、haruyuki お疲れさまでした。

次は、4/5の芦屋の川沿いで行われる「桜まつり」に出演でーす!
by nestvision | 2009-03-21 18:55 | ミュージシャン修行
b0025405_104818.jpgb0025405_11990.jpg





本日はホテルをゆっくりチェックアウト。
単に大阪に帰ればよいので、適当に新幹線に乗る。
定番の「シウマイ辨当」であります。
東京駅構内では販売しているのだけれど、我々のような西東京使い(品川発着)にしてみれば、駅でこの弁当が買えないのは、大きく痛い。
結局、渋谷駅で途中下車して、東急東横店の「東横のれん街」の崎陽軒で弁当をひとつ買って、またまたJRに乗って品川に向かうのである。
最高の弁当である。
裏蓋に着いた米粒をひとつひとつ取りながら食べる楽しみ。
シウマイにカラシをどれくらいつけるか悩む楽しみ。
醤油をどこまで垂らすか悩む楽しみ。
マグロを食うか、筍を食うか?
いやいや、そもそも梅干しをいつ食うかを考える楽しみ。
そのどれもが素晴らしい。
JRパッセンジャーズなどに負けずに、がんばって欲しいモノである(^_^)v
by nestvision | 2009-03-21 01:07 | 食べました!catalog

Soup Stock Tokyoのランチ

b0025405_1854957.jpg正午に羽田空港に着く…という事が多く、時間の少しあるときには、このSoup Stock Tokyoでランチを食べます。2週間ごとに、いろいろスープが変わります。
本日は、野菜の岩塩スープと、豆と牛肉のメキシカンスープ、それにゴマごはんとアイスコーヒーというチョイス。なかなか旨いです。
by nestvision | 2009-03-19 18:08 | 食べました!catalog