イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2007年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧


b0025405_2012345.jpgb0025405_11523039.jpg東天ポールに手品を演じさせてやろう!という奇特な方は、ほとんどが飲食店での事。
テーブルをバッタの様に飛び廻るテーブルホッパーというスタイルでマジックをやらせてもらうのがほとんどなんです
(^^)

中にはネタケースすら持ち込めない現場もあって、かねてから収納バッチシなベストが欲しいぁ…と思っておりまして、火曜yodareでもお馴染みのアパレル会社I氏に相談したところ…「オーダーでええの作ったろかぁ?」という事で、さっそく仮縫いがアップしました。

裏地とかポケットの位置とか(いっぱい隠しポケット作ってもらいます)オヤジ二人でごそごそと決めて、ひとまず仕様が決定。

今から本縫いをして、ボタンなどの仕上げに二週間ほどかかるそうです。
今から楽しみ☆
by nestvision | 2007-08-29 19:07 | マジシャン修行

yodare @ 0829

雨が降ったりやんだりの、むわぁっとした北新地。
秋を心待ちにする僕には、少しの雨も嬉しいのです。
おそ掛けに満席となった「火曜yodare」親しい人のオンパレード♪


b0025405_1316980.jpgなんと昨日の「じんえもんナイト」にも顔を出したというCaboドラマーのharuyuki。もしかしたら僕よりもyodareに居る回数が多いかも知れないっす☆



b0025405_1428997.jpgharuyukiのご近所&腐れ縁の謎のステージママ。娘さんがモデルさんをしていて、ママは強精剤を売っているという摩訶不思議なセレブ系。また来てくださいね。この日はカメラマンY木と娘さんのコンポジ撮影の本気打ち合わせ。


b0025405_14184984.jpg北新地、某キャバクラ店長のケンちゃん。「今夜は酔いたい」と、カクテルをクイッと飲んでいた。なんか嫌な事でもあったぁ?




b0025405_1417080.jpg「綺麗なお姉さんは好きですか2007」のメンバーに選ばれた、きれいなA嬢。なんと阪急梅田駅に展開されるミストドライヤーの広告にご登場予定とか。しか~し心の中は悩めるオヤジ。まさにオッサンな感覚が面白いっすよぉ◎


b0025405_1445042.jpg悩めるカメラマンY木。アルマーニ・プレス・カメラマンという肩書きのクセに100均のメモ帳を愛用。ってか僕にとっては君は永遠のギタリスト少年。いつかマジでバンド組もうなぁ(^^)/



b0025405_14915100.jpg最近何だかお忙しモードの弊社編集者えっちー。定番ブサイク顔で写ってますが、まぁまぁかわいいやんか(笑)




b0025405_14102216.jpgえっちーのお姉ちゃん役の弊社編集者のハットちゃん。最近なんか吹っ切れたぁ?まぁ、あんまし聞きませんけどぉ~(^^)またクラブ活動は保護者役でご参加お願いしますm(_ _)m



b0025405_1412479.jpg何かを嗅ぎつけたように、久々にご登場の、元僕の口座さん→現英会話スクール大手のコンサルK本。しんどい×2を連発する声は、あの大声☆



b0025405_14361419.jpg某ウェディング雑誌のW編集長。怪しい上海Proj.の報告に来てくれはった◎ジントニックのライム抜き。うへへ、ライム代が助かります(^^)



b0025405_14151570.jpgK本に、無理矢理に呼び出された体のご存じO社長。20歳との恋はままならず、かといって仕事にも身が入らずというモジモジ中年をご満喫中☆



b0025405_1419503.jpg有名プロデューサーの敏腕秘書、Sちゃん。なぜかこの人にはほとんどのPrivateを話せてしまいます。どういうこと?Sちゃんはオレのオカンか?



b0025405_14212584.jpg珍しく深夜の登場となった弊社編集者のK田。「もっとラブラブしたいのにぃ~」と、新しい恋は少々倦怠期?飲まんとやっとれんと、けっこう飲んでましたなぁ…(^^)



てなこって、それぞれにすごく親しい人々が集ってくれた今週のyodare。O社長と弊社K田とで、深夜の御岳さんにて、夜鳴きソバを食べて、さっさと帰宅。
みなさん、いつもありがとうございますm(_ _)m


次週9月4日の「火曜yodare」も元気に営業しまぁ~す(^^)/
by nestvision | 2007-08-29 14:31 | yodare日記
日曜日。文学学校の同期のMさんからライブのお誘い。
「大阪ロマン」のライブに大上留利子さんがゲスト出演されるというレア情報。
大上さんは僕が中2の頃「JamJam Rock Festival」で大ショックを受けたおひとり。その後、石田長生さんとかとコラボされていたような…。

歌心…ってのをまた再認識させられた、最高の夜でした☆
b0025405_12415871.jpg

帰り際、小説家卵のMさんとケンタに入って話す。
お互い、少々書くことに対しての自己の意識があがってきたみたい(^^)

そこで、いろいろな事に手を出してやってる自分の整理をしてみた☆

美術。仕事的にもふれあって来たけれど、今の美術への対峙の方法は「深呼吸」。何かを胸一杯吸い込んでいる自分を自覚している。努々、自分で描いてみたいなどとは思わない。

芝居。ずっと劣等感があったのだけれど、2年前のファントマ公演に役者として参加してから、その劣等感は払拭された。あれは無理だ。テキトーにやっては役者たちに失礼。だから、素晴らしい舞台を素直に感動しようというモードになっている。

音楽というのは、中学生の時に僕を創ってくれた恩人だから捨て去るワケにいかぬ。
腰とチャクラ(眉間)で霊的に揺すぶられるのは音楽。
そして発散。外へのエネルギー。なくてはならない存在。

マジック。一番趣味に近いかも知れないなぁ。上手い人はいっぱいいるし、プロなんてしんどい世界はゴメンだし、でも人の研究にはすこぶる有効。
あれっ?と驚く人々の顔は、ほんの一瞬、童顔に還って、すごくかわいい。

文学。これ本気。けっきょく暗い自分とか、狡い自分を表現したくても、なかなか世間では出せない。懺悔ではなくて、古傷のかさぶたを剥がしてイジイジしたい感じ…、あれに近い。
あるいは、貼りっぱなしのバンドエイドを剥がして臭ってみるとか…。
生身の自分の体臭を紙の上に残せたら素敵やと思うだけ。
それが、○○賞じゃなくても、「けぇ~、オレ臭い!」って自分で思える作品が一作でも書けたら本望。
by nestvision | 2007-08-27 19:35 | 日記desu
Caboのライブ、立ち見が出る中、大盛況にて終了しました。
ほとんど生音?と思っていたのですが、お店側がPA&オペまで準備してくださって、なかなか音響的にはGoodな環境でした◎

ライブが終わるといつも焦ります。
「もっと上手くなりたいなぁ…」
GuitarもMagicも、同じ事を思うのです…はぁ(ため息)

※Set List (Cabo Live At Blue Mice,2007.0826)
1.Love Will Tear Us Apart (Joy Division)
2.Anarchy In The U.K. (The Sex Pistols)
3.We're Only Just Begun (Carpenters)
4.King Of Pain (The POLICE)
5.She Will Be Loved (Maroon 5)
by nestvision | 2007-08-26 10:50 | ミュージシャン修行
くそ暑いのに、ワードロープは秋冬の事を考えねばなりません。
定番のジルボー&ギャルソンファミリーから、第一弾Getの報告です☆

★COMME des GARCONS ファミリー(3点)

b0025405_1333780.jpgb0025405_1335330.jpgEVERGREENのJKT。刺繍の象さんがいっぱい居てます。またもや裏返しが表側という定番な感じ。右側はHOMMEのパンツ。光沢のある綿にキュプラ素材の裏で着心地良し(^_^)v


b0025405_139585.jpgそして今回、清水の舞台から飛び降りた逸品がコレ。COMME des GARCONSの中興の祖、JYUNYA WATANABEとVANSのコラボレイション、【eye】のスニーカー。内張アーミー柄がキュートなんですが、誰も見んわなぁ(^_^;)


MARITHE+ FRACOIS GIRBAUD(1点)

b0025405_13204238.jpgもはやレギュラーな感じのジルボーですが、デニムは小休止。ジッパーが無駄に楽しいパンツを購入。どうやら[アーミー×パンク]ってのが今年のアレなんでしょうかねぇ。ここのパンツは本当にパーツが凝ってます。無駄な小物がわんさかひっついているのは楽しいものです。





★アニエス・べー(1点)

b0025405_1328215.jpg数シーズンぶりのアニエス。ついでと言っては何ですが、渋谷の打ち合わせがドタキャンとなって、ふらりと入ったマークシティにあったのがコレ。カーゴパンツ的なポケットの多さがGOOD。マジックのテーブルホッパー時にも便利かなぁ…と思って購入。





◎今年の潮流が「パンク&アーミー」といわれても、なかなか躊躇するメタボなオヤジなのでしたぁ。(>_<)(>_<)(>_<)
by nestvision | 2007-08-25 13:07 | 買いました!review

yodare @ 0821

もはや暑いという言葉を超えた北新地。
久々の火曜yodareはちょっと暇。
でも、それもなかなか良いのでございます。

【ヨガインストラクターのKちゃん】
元チコニアのママ。今では美人ヨガインストラクター。今週末には初のテレビ出演をなさるとか…(^^)/

【弊社監査役のY氏】
広告代理店経営のY氏。貴重な資料など持ってきてくれる。なんかいつも以上に酔っぱらい。

【キャバQzの店長、ケンちゃん】
「夏休みは女の子の出勤少なくてしんどいっす」と溜息。そうよねぇ…若いコは夏は遊びたいもんねぇ…(>_<)

【web Master R子ちゃん】
久々のご登場。うーん、やっぱり人生哲学を感じる人ですねぇ

【カトリーヌ氏】
グレープフルーツジュースでなかなか酔っぱらいな感じが出せてましたね(^^)/

【サワちゃん】
マジック界のコスプレ、ミルキー師匠の登場。実はいろいろゲロっちゃいましたぁ(恥)

【Y編集長】
大手エンタメ情報誌Pの編集長。ビールをくいっ☆

【宣○会○のS氏】
いつもながら、マイペースで飲んでおられましたぁ◎

ふむふむ、こんな感じのyodareもええもんです(^^)/
by nestvision | 2007-08-22 16:34 | yodare日記

Cabo、ライブ決定です☆

b0025405_17583510.jpg

Guitar+Perc.+Vocalだけのシンプルなバンド「Cabo」。
今年の2月に企画モノでライブデビューしたんですが、粛々と密かに活動を続けておりました。~さよなら…Summer企画~という事で…。
Cabo Live
at Blue Mice
 …が決定しました(^^)/

Day : 8月25日(土曜日)  
20時Live Startですが、ウチらは21時頃の出番です☆(対バンですなぁ)
お店自体は18時からOPENだそうですよん。
Music Chargeは¥2,000だそうです(すんまへん)

Place : 芦屋Blue Mice
芦屋市川西町2-37芦屋サウザンドビル1F
TEL.0797-34-8345
●お店のホームページは→こちら
●お店のMapは→こちら
●Yahoo Mapは→こちら

【諸注意事項】(必ずお読み下さい)
※店のブログには「予約が確実」と書いてありますので、予約電話を入れられるのが確実ですが、そんなに広い店ではないので、まぁ立ち飲みでもええでぇ…という感じで、気持ちを大きく持って臨んでくださいませませ。
Caboのライブは30分なんで、きっと耐えれます(^^)/

☆要するに「座られへんやんけ☆ボッケー」と、露骨に態度に出さないようによろしくお願いいたします。→同じビルにインド料理屋とか串カツ屋とかあるらしいので、テキトーに一緒に流れたり、戻ったりしましょうよ(^^)/ ねっねっ(甘)

※前回ライブ来てくれた方→曲はだいたい一緒ですが、最強の新曲がございます◎そして、イシハラ自慢のNew Guitarが拝めます☆
by nestvision | 2007-08-21 18:16 | ミュージシャン修行

夢…。

オヤジだからといって、夢はまだあるんです。

感動したいなぁ…と常々心から願うのです。
ええ歳こくと、感動を量産している現場に数多く立ち会います。
仕事柄かもしれません。
みんなコンビニエンスな感動を金に換えているのです。

「24時間テレビ」とか、「ウルルン滞在記」とか、諸々のそういうの。

長く生きてると、人生の中で、それでも心から感動した事だって何度かあります。

そういうの求めてる。

人を愛するなどという曖昧な感じじゃなくて、慈しみたいなぁ…とか。
人を助けるなどという傲慢な感じじゃなくて、響きたいなぁ…とか。

感動の種はいっぱい体を通り過ぎているんだろうけど、感度が低い。

青年を見てまぶしいなぁと思うのは、そういう事。
少年を見てうらやましいなぁと思うのは、そういう事。

あるいは、戦争体験のある老年の人。
彼らには少年(あるいは青年)をトラウマという傷で今も刻まれているのです。

コンテンツとか作品とか、そういう媒介はもういらないのです。
消費世代は、死ぬまで消費しなければいけないのですか?
感動すらも消費?

ただひたすら感動したいのです。ほんとうに。
何もいらないので。

無いですか?やっぱり。
by nestvision | 2007-08-20 02:09 | 日記desu
第三十七回芥川賞をとった話題作。
珍しく「文藝春秋」誌上にてホットな感じで読む。

感想→僕ダメですね。全然あかん。
そもそも選評が読みたくて「文藝春秋」を買ったので良いのだけれども…。

僕の個人的に好きな作家たち(小川洋子、川上弘美、池澤夏樹)といったお歴々が、この作品を推しているのを読んで、少なからずショックを受ける。

対して、あまり好きでない作家(石原慎太郎、村上 龍)らの意見に僕は最も近い。石原氏は「極めて退屈、あるいは不可解…」とボロクソに書いてるのが面白かった。

宮本輝さんの選評「~、哲学的論考が、私には所詮観念に過ぎない思考の遊びに思えて~」という選評が一番ピンときている。」

この作品は第五十回群像の新人賞も受賞しているとやらで、何が良いのかさっぱりわからんのである。

石原氏の書いているように、図形を用いるのは作家としての敗北だと僕も思うし、何よりも吃音の人が話す不可解なワードが、どうもリアリティが無い。

群像も芥川もとって、僕の大好きな作家連に絶賛されるのが、僕にはわからない。きっとこれは僕の問題だろうと深く反省もしてみるが、僕はやっぱりわからない。

誰か答えを教えて欲しい!と切に願うのであるが…。
by nestvision | 2007-08-16 23:55 | 読みました!review

自作Chop Cupだす☆

b0025405_23144889.jpgb0025405_2315414.jpg






自力で作りました…ハイ。
先日のトニー先生のレクチャーで

「むむ、このチョップカップ、強いなぁ…」
とのご指摘と、
「石原さんって、体が大きいし、用具は大きい方が…」
に大いに納得し、様々なチョップカップを検証したがいいのが無く…。

「やっぱチョップカップは自分で作らんと…」
とのご意見を拝聴し…。

悩んでいた折、久々にアフターで行ったバーノンズバーローズ氏の演技を観ていたら…。

「ローズさん、自作?」
そう、実はこのローズ氏は自作の鬼なんです。

「わかりましたぁ?コレいいっすよぉ…。強さは調整できるし…」

「あ、あの、パクッていいですかぁ?」

そして数週間、東急ハンズの「素材」売り場を徘徊する日々。
そして、アレにアレを組み合わせ、ジョイントにはローズ直伝のアレを使って…。

遂に完成です!
なかなか、いいです。微妙にええ感じでアレがあぁなります(^_^)v


隣のはボケ用のたらこ。
ヤフオクにて800円(色違い4個入り新品)でゲット(^_^)v


なんか、どうも最近のマジックの買い物、フェチ化してきたような気がします。
by nestvision | 2007-08-16 23:22 | マジシャン修行