イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision

<   2006年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

GW突入!ところがボクは全くの予定無し。
というか、ここ数年GWと正月はがっつり仕事をする事にしている。
理由は世間が休みだから。
「人が休んでる時が商売する時やでぇ」という言葉に納得し、かつそういう状況が安心するというワケである。

とはいえ今日は日曜日。

いつもの如く姫と過ごす。殿は5/20から中間テストらしく、ドリルなんぞをひたすら解いているゆえ放って行く。

姫と行ったのは、若者のオシャレの殿堂、南船場のヘアサロン。

b0025405_21443113.jpg

ボクの茄子頭はいつもここで作られるのだが、本日は姫を初同行。なんと一生涯で初めてのトリートメントをしたいと、かねてからご所望であったのだ。

スタイリスト吉野とアシスタントNickが、本気で小5の姫をカウンセリング。全体を短くしないで、シャギーを入れつつ、全体を春風にそよぐように軽くするというミッション。

結果、初のトリートメントは姫にとって最高の出来だった様で、それからずっと機嫌がいい。南船場の街をスキップする姫に"GAL予備軍”たる厳然とした女子を感じてしまったのである。

b0025405_21445838.jpg
by nestvision | 2006-04-30 21:50 | 日記desu

サヨナラ!おと~さん。

とても大切な人が亡くなった。
今日はその方の告別式のために池田市へ。
中島一夫さん。
曾根崎新地でカナディアンクラブだけを愛し続けた BAR『CCハウス なかしま』のオーナーバーテンダー。もう30年以上お店を夫婦でやってこられた。
僕がぴあに入社した、その入社式の夜に、この方と初めて出逢った。だからもう20年ほどのおつき合いでした。
僕が新入りで虐められてる時も、どんどん仕事が大きくなってきた頃も、そして独立する夜も。何か自分の中で区切りをつけたいとき、必ずこのBARに居たような気がする。
もうおじいちゃんなのに、いろいろ僕らに説教をしてくれる。なんか本当の父親みたいに見守ってくれていた人だった。

このお店が、今までに一晩だけ店名を変えた事がある。
1996年4月30日。
この日をもって、僕はぴあの社員ではなくなるカウントダウンの夜。
この店は「CCハウスいしはら」に名前を変えた。

会社の通り一遍の送別会には出たくなくて、僕がお世話になったと思った人だけを招待して、一日だけ、この店のマスターになった。
そんな事をする僕に「いつ、またお世話になるかもわからんのやから、みんな呼ぶのがいいよ」ってお父さんは言ってくれた。
僕はまだ若かったから、そんな事は聞き入れず、自分のイメージどおりの送別会をやったのでした。

b0025405_16154579.jpg

この写真は、その夜の招待客にお土産で配ったキーホルダー。
真鍮に文字が掘ってあります。

『WOW WOW TONIGHT NITE 1996.4.30 CC House Ishihara Many Thanks to You』

「なかしま」のお父さん、永い間お疲れ様でした。そして本当にお世話になりました。
ゆっくり天国で、CC飲みながら、好きな将棋をさしてくださいね。
by nestvision | 2006-04-27 16:18 | 日記desu
b0025405_21365253.jpg
連載原稿と、初の病院向け情報誌の校正などあるので、東京から新大阪に着いてオフィスにとんぼ返りする。夕食はコンビニで物色。この春の新色『マルちゃん 沖縄そば』を食べることに。なかなかソーキな感じだが、ちょっとあのウチナンチューの風は吹いてこなかった。残念!
ヨコのビリケンはオフィスの守り神です(^^)/
by nestvision | 2006-04-26 21:36 | 日記desu
僕の先輩編集者、湯山玲子の率いる「美人寿司」イベントがあるという事で、代官山UNITへ。
この日はミュージシャンのコシミハルさんと、プロのバレリーナによるミュージックホールスタイルのPARTY。お食事はもちろん「美人寿司」
会場には蓄音機 EMG社製のホンモノがBGMを奏でる。
なかなか楽しい夜でした。
メンバーも久々の方やら興奮系の方やら様々。
ヨーヨーマのプロデューサー氏は蓄音機にべったり興味津々。
ISSEI MIYAKEの企画にいるあの人も来ていたなぁ…。
それと、びっくりな事に細野晴臣さんもいらっしゃってて、少しお話が出来た(嬉)
婦人公論の編集長氏、その他出版関係多数。
モデル系は、ほとんど全てがショーモデルさんだったので、媚び系が皆無な美しい光景は壮観ですらあった。
そうそう、ミュージシャンの野宮真貴さんともバッタリ。結局、先日の京都ではカード限度額いっぱいに着物を買って、追加で請求書までもらったらしい(笑)

いつも思うのだが、東京とTOKYOは違う。
東京はシロガネーゼやらヒルズ族。田園都市線の一軒家といった俗なモノ。
TOKYOはそういうの関係なしの「個×個」の関係ってのが面白い。

僕的には「東京」には全く興味はないが、常に「TOKYO」の中には居ようと思う。
そんなTOKYO NIGHTでした。

湯山さん、お疲れっしたぁ~(^^)/
by nestvision | 2006-04-25 23:13 | 日記desu
b0025405_13524071.jpgいやぁ、またまたダイスタで執行。mixiのコミュ『クラシックマジック研究』の関西オフ会です。15名ほどがお集まり。ゲストは東京で人気の上口龍生さん。ラスベガスにいるような雰囲気で様々なカードマジックを演じて頂きました。そして会員さんたちの手みせ。みんなやっぱりインパクトのある出現ものが流行のようですねぇ。ダイスタは何とも怪しげなマジックサークルと化したのでした。おお、龍生さんから彼の新刊『マジックの必殺ワザ』(ポプラ社刊)を頂きました。ほんでもってけっこう怪しげなぷりあらグッズ「The Mystic Indian Stick」も全員に頂きました。なんかラッキー(^^)/

→龍生さんに頂いた超念力系のスティック。笑えます!
b0025405_15304521.jpg
by nestvision | 2006-04-23 13:52 | マジシャン修行
b0025405_13571428.jpg
なぜこの時期にフルブーツなのかは、まぁ置いといて、昨日のPARTYに間に合わせる為に買いました。カッコいいです。ブラックスキンにバイソン皮をあしらったハードボイルドな逸品。
なかなか精悍なフェイスが気に入ってます。
そういえば、高校の頃はずっとウェスタンブーツを履いて学校に通ってました。
やっぱ、別に磨かなくても良いというハードボイルドさが大好きです。
次はアリゲーター仕様にハートです(^^)/
by nestvision | 2006-04-22 13:57 | 買いました!review
「ミーツリージョナル」創刊編集長 江さん、京阪神エルマガジン社で「京都本」「一泊五食シリーズ」など様々なMOOK企画のプロデューサーであった中島さん、そして僕がお手伝いして設立した会社 株式会社140B(イチヨンマルビー)の設立PARTYが、21日の夜、ダイビルの「CABO」「ダイスタ」を貸し切って盛大に行われました。さすが関西の有名人、来賓の数は200名までは数えていたが、あとは成り行きという感じで、在阪のメディアの重鎮達が集まった。
心から祝福する人、今回のプロジェクトの裏側を読み解こうとする人、様々な感情が入り乱れ、まさに会場はカオスと化す。
こんなパワーが生まれるのも、このダイビルという霊気の成せる技ではないかと思う。
またまた忙しくなる予感。まずは江氏の講談社新書の脱稿が当面の目標!
ご参加頂いたゲストの皆さま、本当にありがとうございました。
by nestvision | 2006-04-22 13:55 | 日記desu
ボーダフォンを史上最高額で買収するという、孫さん率いるソフトバンク。
今日汐留にあるソフトバンク本社で軽打ち合わせ。
初めて社員食堂でランチしました。
さすがにどでかいですねぇ。ワンフロアー丸ごとです!
和食系と洋食系にスペースは完全に独立されていて、今日の気分は洋食系。
サラダバーがあって、パスタから何からすべてあります。
食器の裏にマグネットが仕込んであって、食べ終わってから清算するのは全部自動。
さすがITです。社食のおばちゃんなんかいません。
そして、リビングルームのようなソファがところどころに点在。
真ん中にはサッカーゲームや卓球台が置いてあります。
なかなか面白い社員食堂でしたよ。夜はBarになるんだってぇ。

b0025405_19141251.jpgb0025405_19142358.jpg
by nestvision | 2006-04-20 19:16 | 日記desu

変なもん、みっけ!

b0025405_0544371.jpg
銀座の夜を酔っ払いながらコンビニへ。
なんと、「サッポロ一番、しょうゆ味 おにぎり」を発見。
早速ホテルで試食。
ん~ん、単なるチャーハンおにぎりの様な気もします。
僕は、インスタントラーメンの中では「サッポロ一番しょうゆ味」が一番好きなんですけど、このおにぎりの開発者、わかってないなぁ。もっとチープに味を調えんとあかんで。
by nestvision | 2006-04-20 00:54 | 日記desu
ホモセクシャル×カウボーイというキーワードしか知らなかったのだが、
『ブローバックマウンテン』を観る。

b0025405_11411874.jpg
昨年のベネチア映画祭で、最高賞「金獅子(きんじし)賞」を獲得。今年の米アカデミー賞で、台湾出身のアン・リー監督がアジア系初の監督賞を受賞したことでも話題の一作だ。

http://www.ebenkyo.com/00212.html

感想→ホモ映画なんかじゃない。ものすごく美しいラブストーリーだった。何より誰も悪役という存在が無かったのが妙にリアリティーを醸し出していたと思う。
僕は思春期に若干の同性愛的な環境に居た事もあったので、ものすごくそのディティールは理解できる。(あの、今は完全にノンケですよぉ)
そうなんだなぁ。男ってそういう部分が大きいのよねぇ…。
是非みなさんも観てください。DVDでも全然OKな秀作でした(^^)/

★あっそうそう。この映画を観て無性にウェスタンブーツが欲しくなり、ウェスタンの本場、TONY LAMA のブーツを早速購入してしまいました。夏もフルブーツで過ごすつもりです!
by nestvision | 2006-04-15 22:23 | 観ました!review