イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー

<   2005年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

b0025405_19455100.jpg
大阪は土佐堀にロボットカフェがオープン。
今日は関係者向けのレセプションナイトという事で、パーティ嫌いの私も少し覗きに。
ここの経営をしているのが、(株)ジャイロウォーク。ロボット産業をもっとポピュラーなマーケットに育てようという壮大なコンセプトの会社。その一貫としてのロボカフェのオープン。その他に教育やシンクタンクなど幅広く展開していくらしい。
実はここの会社が来年の2月に雑誌を出す。マガジンハウスから本格的なロボットカルチャー本を出すのだが、その編集を弊社がやっているという関係。なんか面白い事がたくさん起きそうなシーンなんです。
(株)ジャイロウォーク http://www.gyrowalk.com/

b0025405_21215994.jpgb0025405_21224172.jpg
by nestvision | 2005-09-30 19:45 | 日記desu

社会人とは何ぞや?

去年、ウチの会社を辞めた後輩と、久々にランチ。
インディーズ系のクリエイティヴ集団もどきで働くか?大手出版社の編集者になるか?
僕の意見は「大手出版社」

どうして世間は大手に行けと言うのだろうか(僕を含めて…)
その答えが、後輩を諭しながら理解できた。

我々の関わる社会は、すべからく人間関係である。
「面白い人」「面白くない人」「どうしようもない人」の3種類にすべては分類される。そして仕事とは「面白くない人」と「どうしようもない人」と如何に自己が関わるかの場である。
インディーズ系は、「面白い人」と「どうしようもない人」はわんさか存在するだろう。でも、「面白くない人」と関われるのは大手の強みだ。だから大手は経験を積めるのだ!というロジックですが、どうかなぁ?

そもそも、自己をクリエイティブと言ってる奴ほど、コンサバで権威主義だったりするもの。本当に「面白いこと」は普通に隠れていて、ほとんどは「面白くない人々」が無意識に保有していると僕は思うのです。

だから、アンダーグラウンドは嫌い!
そしてカウンターカルチャーも嫌い!
インディーズの志は立派だけど、いつまで清貧を貫けるかな?

ちょっと真面目に考えた金曜日の午後でした。
by nestvision | 2005-09-30 16:09 | 日記desu
いつもテーブルホッパーでマジックを演らせて頂いているGirl's Bar「アクアノート」。今週は目出度い一周年Week。
そしてラストナイトはムッシュ・ピエールのマジックショー。
今回はお友達のオーナーに頼まれて、ピエール氏の招聘に動きました。
最近はテレビ、ステージにと引っ張りだこのピエール氏だがマネージャーの方共々、僕のような愚弟子の無理を聞いてくれた。
ホームグラウンド「バーノンズバー」で演じつつ、都合二回のショーに出てもらった。
一応、責任おあるのでステージも見せて貰った。
やっぱりプロですね。ワザが凄いとかそういうレベルではなく、客のつかみ方が絶妙でした。なんと両ステージともに満席。楽しい夜でした(^_^)v
by nestvision | 2005-09-29 23:56 | マジシャン修行
会社の電力を100%グリーンエネルギー(自然電力)にしようという企み。
本日、(株)日本自然エネルギーから、証明書の発行を許諾した旨のお知らせを受けました。
このシステム、日本国中の風力発電やバイオマス発電業者から一年分の電力を購入するという行為を、この会社が代行。弊社がこのオーダーを出すと、ここから関西電力や東京電力に対して電力購入を仲介するというもの。
間接的に弊社の電力は100%バイオマス電力に切り替わります(メデタシ)
詳しくはコチラ↓
http://www.natural-e.co.jp/b0025405_18255358.gif
by nestvision | 2005-09-28 18:30 | 日記desu
b0025405_1815923.jpg
氣賀康夫/著、東京堂出版の奇術解説書。ロベルトジョビーとか松田さんの文体に慣れてしまっていたので、とても新鮮。これぞレクチャー本。ほんとにステップアップになります。良書です!お勧めですよぉー!プリティー田中に是非おすすめします!
by nestvision | 2005-09-28 18:01 | マジシャン修行
b0025405_13541478.jpg
大阪水上バスの船で、マジックを観ながら大阪観光名所を巡るという企画ツアーの、リハーサル運行に乗船してきました。中之島周辺をグルグルというコースでした。
あの平べったい水上バスって天井が開く構造になってるんですね。そこで観光名所をみながらマジックを随所でって趣向なんですが、なんかマジックってどうして一瞬芸みたいに捉えられるんだろうか?ここで10分、あそこで10分、ここで5分なんて細切れで観るより、20分という短い時間でもマジシャンに預けてしまえば、もっと楽しましてくれるのに…!まぁ川の上はキモチ良かったでーす!
by nestvision | 2005-09-27 13:54 | 日記desu
弊社「きんとうん出版」にてマジシャンたちの写真集的なアートブックを企画中。
そのリサーチも兼ねて、東京事務所より出張してきた仲西編集長と共にバーノンズバーへ。

この日はピエールは営業でお休み。
ルビー師匠、トニーDさん、ミッチータカさんが大忙しの夜でした。
お客さんも退いて、少しゆっくりとルビーさんとお話したのでした。
話題は先日の「ピエールテレビ出演について」
「あれ、すんごい賛否両論でしょう」と僕。
「すごかったですよ、BBSなんかパンク寸前です」とマスター。

番組内容はピエールの神業ともいえるカードテクニックを、スーパースローで再生してタネを
見てやろうという企画。
出演オファーが来たときに、ルビーさんとピエールが確認し合った事があったそうです。
~基本技法、他人の技法ではなく、ピエールオリジナルのもの。
で、あのエースオープナーになったのですが、テレビ局側が、カードのトップコントロールも一緒
に解説しないと、意味がわからんという事で、ココはピエールも最後まで悩んだそうです。

ルビー師匠の結論としては、「エンタテインメント」としてのマジックなのだから、ああいう楽しみ方も否定すべきではないのではないか。
逆にあれをやられて、困った人(プロ・アマ含め)はいないと思う。
逆に「僕だけが知ってる技法」が公共放送にのってしまった時の嫉妬に近い感情ではないか…!といった結論でお考えの様子でした。
僕もその意見には賛成です。
あの技法がわかったからといって、並みの人間には出来る代物ではないですし、技法がわかっていながらも、十分に不思議でしょう。

マジシャンには何の責任もないです。
もし、今回のことで非難するとすればテレビ局の制作サイドです。
どうして、あぁいった企画しか考えられないのか?
その企画に何か意味があるのか?
だからテレビ人の浅はかさって嫌いなんですよね。
by nestvision | 2005-09-24 15:36 | マジシャン修行
久々に心斎橋の「木村政雄の事務所」を訪ねる。
吉本興業時代からの秘書、松川女史がこの夏、寿退社してから、B助っ人として澤ちゃんが入社。あれやこれやとバタバタしておられます。
しかし、木村の御大、独立されてますます元気。
多分お付き合いは足かけ15年ほどになるのかも。
来月は久々に会食しましょうという事で、事務所を後にしました…。
by nestvision | 2005-09-20 22:35 | 日記desu
b0025405_12493796.jpg
冬は人口スキー場ですが、その他シーズンはカンツリーハウスという名称。神戸生まれ、神戸育ちなので、ここに来たのはいったい何回目?ですが、少し秋の声も聞こえてきたので、久々にボーっと湖でボートを漕いでました(^_^;)
しかし、かつての活況はなく、施設全体になんとなく暗い感じが…。
by nestvision | 2005-09-19 12:49 | 日記desu

ブログ復帰しました!

少しmixiに浮気して、日記を向こうで書いてました。
んが、相変わらずコメント0なもんで、どーせだったら慣れたココで書きますわ(^^;)
ってなんか悲しい感じですけども…。

ええっと、本日は久々にええもんを観た。(中秋の名月もそやけど)
例のNHKの大河ドラマ「義経」
タッキーはじめ、またまたお遊戯みたいなドラマですけど、今日はがんばってた!
出家した建礼門院を義経が訪ね、壇ノ浦で義経が持った疑念を晴らしに行く。
建礼門院と義経のやりとりの「間」が良かったな。
日本人って、ああいうの大事にしてたんだよねぇ…昔って感じで。
これから年末に向け、少~し期待ですね。
by nestvision | 2005-09-18 23:40 | 日記desu