イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:マジシャン修行( 131 )

2013.2.2 KOBE VARIT!
b0025405_11114134.jpg
今年で七年目の甲南器楽部OB有志によるイベント。
実はcaboはこのイベントの立ち上がりの時に結成されたので、caboの周年と同じで便利なイベントなんですが、2年ぶりに出演しました。今回はcaboではなく、高校の頃に組んでいたバンドのメンバーが中心になったTHE TROOPERSという新生バンドでした。
いつものGuitararではなく、ずっとボクがプレイしてきたKeybordsでの出演。最近はずっとギターばっか弾くステージだったんで久々のキーボードプレイも楽しいなってちょっとはしゃぎ気味でした。
バンドの音もお客さんの反応も最高だったんだけど、ボクにとっては他の意味でとても感慨深いバンド体験になったんです。
バンド結成時から、自身の病気との闘病だったり親の介護の問題だったり、新規事業を立ち上げたり、終盤では身内の不幸に接したメンバーもいたりして、みんな目前に50歳が迫ったなりの「大きな現実を抱えた」奴ばっかりが、スタジオに集まって爆音で練習して「がんばろーぜ!」ってかけ声を掛けてステージに上がれる事自体にものすごいシアワセを感じて嬉しかった。
そして会場には、やっぱり中学時代から、大学からの懐かしい顔で溢れていて、みんないろいろ忙しいのにずっと笑いながら見てくれていた。きっとこいつらもたくさんの「大きな現実を抱えて」るハズだけど、笑って「ヨカッタで!カッコ良かったで!」って言ってくれる。本当に夢の様な一日となったのでした。
最近のcaboのライブでは、どうしても箱(会場)やお客さんの事をまず考えてしまうようになったけど、今回のTHE TROOPERSはステージに上げてもらってる事そのものがすごく嬉しい…という、なんかヘンな感じやったんです。
メンバーのみんなや、イベントの運営を仕切ってくれたM先輩、H先輩、そして同級のMくん、そして何より来場くださった多くの仲間に大感謝なのです。ほんまにありがとう☆
by nestvision | 2013-02-03 11:12 | マジシャン修行

「LOOSE CHANGE」Colin Rose

本当に久しぶりのマジックネタを買いました。チョップカップなんですがラストの演出が今までと全く違う展開になるべく、さる仕掛けがしてあります。
キレイな木製で真紅のケースも高級感があります。知る人ぞ知る、大阪の銀次郎さんのSHOPの新商品。
そろそろマジック、ちゃんとやらないと忘れちゃうぞ!って事で奮起です(^_^)

b0025405_2194837.jpg

by nestvision | 2011-02-27 21:03 | マジシャン修行


会員制の紳士クラブである大阪倶楽部の「忘年会」にて、東天ポールのマジックショウが終わる。
なんと総勢160名というお客さんを前にして、拙者も少々緊張気味。
タイムキーパーもヘロヘロで、若干早めにステージを降りてしまった(まぁまぁ反省)
今回はDPG製の「フローティングテーブル」をデビューさせる。
シリーズ中、最も廉価であるのだが、これで充分やん!な作りの良さ。
そりゃプロ達の道具はウン十万して変えないし、このあたりならアマチュアでも手が出ます。
そしてやっぱり効果絶大ではありました。
ラストはやっぱり華やかさを狙ってファウンテンレインボー。大きなシルクの後に鳩出しをやったのだが、どうやらにわかにハンカチ&安全ピンで作ったトピットが一部には丸見えだったようで、新たな課題。
やっぱり取り出しは机に仕込むのが無難なんでしょうか?
マジシャンのある種の究極ネタである「鳩出し」への道はなかなか険しそうだ(泣)
by nestvision | 2009-12-20 00:33 | マジシャン修行

定番マジック道具2点。

b0025405_9563644.jpg今まで変化モノはダイチューブとか使ってたんですけど、なんか不自然?って気もして、そもそも「怪しい道具」なんだから、怪しい袋の方が、何だか魔法っぽくていいなぁ…と。
しかも、持ち運びが楽勝だし…って事で、DPグループ製の廉価なチェンジングバッグRAを購入。
思ったよりデザインや質感が高級感あってナイスです。
結婚式の寿シルクものなども、格段に使いやすくなるんじゃないかと期待していマス☆


b0025405_9592610.jpgこちらも定番中の定番ですね。「プロダクションドラム」(DPグループ)。
各社から様々なドラムが発売されています。中には数万円なんてものもあります。
結局、プロダクションって、これくらいのモノから、あれくらい出ればそれでいいんじゃないか?と思うのです。しかもDPG製ですから2000円ほどで一生モノ。プラスチック製なのも、子供のおもちゃみたいで、逆にリアルです。そもそも真鍮製の筒とかって、やっぱり現代人には少々違和感があるんじゃないか?と思っているのです。
by nestvision | 2009-03-17 10:03 | マジシャン修行

新ネタを何点かゲット☆

最近、Guitarや彩墨画の話題ばっかりで、マジシャン仲間の方からは「東天ポール、遂にマジックに飽きたか?」などと噂されておりましたが、どっこい…マジックはやめられません(^_^;)
最近購入したモノをラインナップしまぁ~す☆


b0025405_13405025.jpg有名なALAN WONGのスポンジバナナですね。最新版になってリアルさ追求&バネってんでしょうか?質感が向上。練習あるのみデス。





b0025405_13423339.jpgMagic Makers製の新作(らしい)確かにノックアウトされるんですが、全く汎用性がない。うーん、またやってしまった。こういうトリックデックものって、溜まる一方なんすよねぇ。




b0025405_13454980.jpg様々なトリックの入ったお得なデック。付属DVDも親切で、コストパフォーマンスは抜群。「あぁ、他に一ネタ、何やろーかなぁ」な時に重宝しそうです。





b0025405_134679.jpgこちらも有名なマコミカル・デックのジャンボカード版です。確かに通常サイズだと勿体ない。こういう定番ネタはほんとによくウケます。これはボクのサロンの定番入りしそうです!




b0025405_1348568.jpg先日とある取材で、久々にトニーDさんにお逢いしました。彼のプロデュースによる、簡単お手軽マジックのDVD集です。お店にあったのでついつい買ったのですが、なかなか実用的なネタ満載。
by nestvision | 2009-03-07 13:50 | マジシャン修行
0221 @ Osaka Namba

b0025405_10362029.jpg午後から会社で伝票整理をしてから、難波のOCATの会議室へ、「北新地奇術倶楽部」の定例会に行く。
この倶楽部は、バーノンズスクール卒業生の方が中心に、ずっと活動をされている。いつもの懐かしいメンバーの方々、最近入会したという若い方ともご挨拶。

今回のお題は「カードマジック辞典」からと「ゆうきとも」をテーマに何か演じるというもの。ボクは「シカゴオープナー」と、何年か前にゆうきともさんのレクチャー会で買った、彼オリジナルのレインボーデックを演じさせてもらいました。

b0025405_10383777.jpgb0025405_10385396.jpgその後はみなさん、持ちネタを披露されたり、明日倶楽部として、ボランティア出演される方のネタチェックなど…。

往々にしてマジック同好会って、みんなテクニックに走りがちなんだけど、この倶楽部は、実演を最終目標においていて、Y会長の人柄もあって、とっても明るい雰囲気の倶楽部だ(一般の人から見たら相当暗いけど…)

それと、教授的にmacさんなんかもいて、内容的にも勉強になるのである。
全員がマジシャンで、生涯学習センターの会議室でシコシコとマジックを見せ合う…ってのもマジックの楽しみのひとつなのである(^o^)
by nestvision | 2009-02-22 10:43 | マジシャン修行

泡坂妻夫さん永眠す。

直木賞作家の泡坂妻夫さんが昨日亡くなられたという報せを新聞で読む。
厚川昌男(あつかわまさお)が本名で、筆名は本名のアナグラムである。
生家は紋服に家紋を描く紋章上絵師の家で、サラリーマンを経て稼業をも継いでおられたようだ。

また、日本マジック界の重鎮でもあり、今では伝説化されている、邪宗門奇術クラブに入会し、多くの創作奇術を発表。1968年には優秀なマジックの考案者に贈られる石田天海賞を受賞し、今では日本奇術界の最高峰といえる「厚川昌夫賞」を創設された。

多くのミステリー作品があり、中には造本すべてにトリックがなされた編集者泣かせの長編小説さえある。稼業の家紋関係の本。そして奇術関連の著書など膨大だ。

ボクも彼の作品「ヨギ・ガンジー」ものは、時々マジックで使わせてもらう。
また、コインマジックの至宝ともいえる技法、MAパスを考案した方としても有名である。

一度もお逢いすることはなかったけれど、彼の終生変わらぬ好奇心に敬意を表したいし、これからの自分のある種の目標でもある。

b0025405_12593197.jpgかつて、泡坂さんのマジックを観たという人が言っていた。
「とにかく温かくて、優しいマジックでした」と。
結局、マジックの終着点とは、そういう所にあるんだと思う。

泡坂さん、どうぞあの世でも楽しんでお過ごし下さい。
素敵な遺産の数々をありがとうございました。
by nestvision | 2009-02-07 12:58 | マジシャン修行

お気に入りマジック

クロースアップものはほとんど買わなくなりました。
個人的には、今までのネタへの原点回帰ってとこでしょうかぁ。


b0025405_10484425.jpg先日、訳あって購入。スーパーボール、ゴッシュマン製、ミッキーマウスVer.とほぼ持ってますが、このウサギは収縮の復活が早く、また見栄えがするので、「ちょっと何かやってぇ」用に持ってます。
本当に永遠のネタですが、ボールはバーマジックとかの時に転がってしまうので、最近はキャラモノにシフト。


b0025405_10505056.jpg古典ですなぁ。これも様々な工夫が凝らされていて、フレンチドロップでちょっと売れ筋の商品なども持ってますが、結局は客からの現象は同じ事なワケで…。やっぱカワイイ色使い&超激安、および古典に忠実という観点から、DPG製の何百円かのコレに回帰。「おばあさんの首飾り」というネーミングも古典でカッコええなぁ。


b0025405_10523976.jpgマジック界の怪翁、二川さんの新作パケット。「ロープが無いのでカードで代用…」みたいに、チョコッとマジックする時にいいです。イラストがかわいいんですよね。気に入ってます☆
by nestvision | 2009-01-24 10:56 | マジシャン修行
わがマジックの心の師匠である、北新地バーノンズバールビー天禄マスターの一門が一同に会してのイベントが全日空ホテルでありました。

題して「北新地同伴大作戦 3」というサブタイトル付き。

最近元気のない北新地。ババーンと同伴しましょう!って事で、ワールドのA美ちゃんと共にマジックディナーショーの始まり始まりぃ…。

ルビー天禄師匠、ムッシュ・ピエール、そしてバーノンズのレギュラーメンバーたち。
そして久々に西ゆかり嬢やマーベラスさん、サミー・ヒオキさん、そして何とボクのマジックを観たことがあるヒロト師匠…。懐かしい方にもいっぱいお会いできました。

しかし、ルビー天禄師匠のシンフォニーリングは、本当に無駄がなくて素敵な演出で、いつも惚れ惚れしてしまいますなぁ。
そうそう、定番の”アキバくん”、ちょいとカツラが不自然だったような…。

全日空ホテルの一番大きなバンケットに、同伴カップルがひしめき合って、久々に元気な北新地を見る事が出来ました。

b0025405_183593.jpgb0025405_1841153.jpgピエールとA美ちゃん。そして心の師匠、ルビーさんと東天ポール。
by nestvision | 2008-11-26 18:05 | マジシャン修行
b0025405_21491189.jpgテンヨーの、2009年度のマジックテイメントシリーズから。
「バニシングポイント」は、先週、ピエールから「なかなか効果的ですよん」と、カウンターで実演してもらって、なかなか…と、感動したので。もう一つは、「よみがえる新聞紙」。古典ですが、このギミックは秀逸です。絶対に失敗がありません。ピーチやすみん師匠にお勧めです☆
by nestvision | 2008-11-03 21:51 | マジシャン修行