イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

『海の仙人』 絲山秋子/著(新潮文庫)

b0025405_1773788.jpgはじめて読みました。絲山秋子さん。
すばる文学新人賞でデビューして、何度か芥川候補になって、周辺の賞を総取りな感じの作家…って感じの作品。
良くも悪くも、現代の小説。
文体はこなれているし、相当編集者とモンだ後が伺える。
要するに期待の新人であって、ご本人もHPでおっしゃってるように天才としての自分をそこに注入しておられるのがわかる。
この作品も、「恋愛とセックスは同軸上にあらねばならない…」というステレオタイプな”常識”への挑戦であって、まぁ重箱の隅をつつくテーマといえばテーマだが、現代女子の支持は間違いなく取り付けるであろうモノである事は確か。
そこに、クルマとか場とか、諸々のモチーフで巧く書かれた作品だった。
そうかぁ、賞ってこうやって狙うのか…と考えさせれた内容だった。
間違いなく上手な書き手であるので、参考にはするべきだろう作品だけど、うーん。どうだろう。毒が無いというか、エロが無いというか…。体臭を感じなかったなぁ。
そこがまた、良いのかも知れないけれど…。
by nestvision | 2008-12-06 16:46 | 読みました!review