イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

『薬指の標本』 小川洋子/著(新潮文庫)

ますます筆力の上がった小川センセの好短編。
描写をしない描写力というんでしょうか?登場人物の息使いを感じさせるのは、他の流行作家を押し退けてピカイチだと思う。
そして、なんとなく異空間をリアリティーに書き上げる妙技というか、必然を創造する力。
人間はある意味で何かに呪縛されていないと不安であるという大テーマと読み解いたのだが。
呪縛はいろんな形態で人間に忍び寄る。恋愛、さまざまな欲、回帰願望とか…。
一度、小川洋子の短編を書写してみようと思う。
by nestvision | 2007-06-22 01:11 | 読みました!review