イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『BABEL』 ARJANDORO G.INARRITU(監督/脚本)

b0025405_15151067.jpgアカデミー、カンヌ、Gグローブ、などで空前の評価を受けた「BABEL」を観る。アカデミーでの受賞が話題になった菊池凛子が日本では異常にクローズアップされていたワケだが…。

感想。いい意味で、「いやぁ~な感じ」の映画だった。あまりストーリーなどを語っても意味がないと思うので、観たい人は観てください。観るならレイトをお勧めします。朝イチとかに鑑賞してしまうと、その日一日が憂鬱に潰れます。


b0025405_15204427.jpg旧約聖書の「バベルの塔」の神話は有名だが、まぁそれをうまく三ヵ国語でそれぞれのストーリーを展開させ、リングの如く連鎖させるという角川映画もびっくりな感じ。そもそも旧約聖書のバベルの塔は人間の奢りへの天罰。実は混沌とした今の世界は、もはや神から見捨てられてる存在なワケで、イエスキリストが降臨しても無理やった。「また来る」と言い残し、もう2007年も経ってますやん…というのが、不良クリスチャンの僕としての解釈ではあるんですが…。

すみません。ちゃんとしたレビューを書けるだけの文章力がありません。
憂鬱にはなりましたが、やっぱりいい映画だったと思いマス☆
僕の憶測だけれども、ブラピの意向が大きく反映したprojectだったんじゃないか?監督のコンセプトに興収的な裏付けをとらずに、ブラピも話に乗った。43歳の俳優としては、やってみたい映画だったんじゃないだろうか?ブラピ自身、この監督を世に問いたいという、そういうピュアな志も働いたんじゃないだろうかと思う。

コレを観て、さっぱ意味がわからんという方は、たいへん幸せか、相当何も考えずに生きてる人だということなんで反省のリトマス試験紙としてご活用ください。

ってか、みんなこの作品にどんな感想を持たれたのか、コメント期待します☆
by nestvision | 2007-04-30 11:40 | 観ました!review