イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『国家の品格』 藤原正彦/著(新潮新書)

やっぱそういう時代に突入したんですね。ずっと思ってた事を、サラリと数学者のおっちゃんに書かれてしまった。
アメリカ化された合理性は破綻に向かっていて、今こそ日本が世界を救えという、なかなか尖った論調。僕は藤原先生の意見に大賛成。
ほら、やっぱホリエモンだめだったじゃん…。心を通い合わせる、日本の風土にあった世界観が今絶対に必要なんだ。
「独立不羈」「高い道徳」「美しい田園」「天才の輩出」。結局、元禄時代を頂点とする江戸文化は、ある意味で日本文化の究極型だったのだと思う。人々は落語や歌舞伎を愛し、長屋というとてもシンプルな生活形態で、エコロジー100%、そんでもって毎日遊んでた。いいなぁ。
今は亡き杉浦日向子先生も、きっとそんな江戸時代に日本を戻したかったんだろうと思う。今、各書店で話題書になってます。ニッポン人は、絶対に読むべき!
by nestvision | 2006-01-29 13:42 | 読みました!review