イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

『葉隠入門』 三島由紀夫/著 (新潮文庫)

三島由紀夫が自衛隊で自決をする三年前に書かれた作品。
そもそも『葉隠』とは『葉隠聞書』という書物で、元禄時代の佐賀藩士であった山本常朝という人が話した事をまとめたというモノ。
そもそもは武士道の哲学書であるのだが、とっても面白い。しかも三島がいちいち解説している所が時代のシズル感みたいなのと相まって、すこぶる楽しい。
なぜ、三島がああいった自決を選んだのか?答えの原型はこの「葉隠」にあるのではないだろうか?僕はそんな三島が好きなのだが…。
by nestvision | 2005-11-23 19:26 | 読みました!review