イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「錦繍」(きんしゅう) 宮本 輝/著(新潮文庫)

久々に、本当に久しぶりに輝さんを読んだ。多分「道頓堀川」以来。書簡体で綴られた、全編手紙のやりとりだけの小説。発想とテクニックは流石に宮本輝だ。そして僕はこれを41歳の今、読めた偶然に感謝する。父母との関係。家庭、恋愛、…。本当の意味で自分探しを始める時期が今だとしたら、何か見えないテキストを読んだ気分だ。この小説を女の人はどう読み解くのだろうか?後半P.247の「うち、あんたの奥さんやった人を好きや」という台詞で、渋谷の雑然とした喫茶店で泣いてしまった。ボロボロと号泣に近い泣き方だった。どうもありがとう。輝さんはやっぱり先生です。
by nestvision | 2005-05-24 18:21 | 読みました!review