イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

『宝島』 南河内万歳一座

2013.6.1 Isshin-Ji KURA
b0025405_11363741.gif
エンタメ業界には「壮大なテーマ」という表現がよく使われる。
ほとんどの場合、観る側(取材側)の読み解く力が無い場合に、こういう言葉を使って記事にしてしまう。

今回は内藤サンの久々の書き下ろしという事で、超期待大で一心寺シアターに目撃に行く。
当然、万歳一座の持ち味である団体戦と、痛快肉弾戦が一通り終わり、テーマたる状況の螺旋、あるいは内藤節のセリフのリフレインがくるくるアタマを回り始め「気持ちええなぁ〜」となる。
…が、いつものトリップ感とは違うのだ。終演してアタマに過った言葉は「壮大過ぎるなぁ」という感想。
少なくともボク個人の中では、壮大が過ぎたのである。
これは内藤サンの責任でも演者のそれでも無いと思う(たぶん)
受取手の僕の感性がついて行けてなかったのか、あるいは読解力に欠けたのか…という問題だと思う。

気になったのは、場の転換でのサイレントが長くて、トリップしかけていたのが素に戻ってしまうという、たいへん勿体ない感じがあったのと、ガヤに於いて、全員がアタマを抱えて悶絶しているシーンが多くて、そこは少々飽きてしまった。
それと、架空の島をどう考えても軍艦島としか想起させないのもファンタジー要素を阻害したように思う。

まさしく最初から最後まで内藤節で、万歳でしかないのは確かなのだけれど、もはや万歳を知っていないと、どうにも振り落とされてしまうという高度な芝居でもあったのではないか?
芝居を初めて観る人は言っただろうと思う。
「演劇って難しいのね…」と。

東京公演でどんな変異を見せるのか?ちょっと気になるのである。
by nestvision | 2013-06-07 11:54 | 観ました!review