イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

「想い出トランプ」 向田邦子/著 (新潮文庫)

向田さんがカッコイイ女性だった事は知っていました。僕の心の師である山口瞳さんのエッセイで度々登場するからです。でもなぁ…寺内貫太郎やしなぁ…と読まないで40年が経っていました。無駄な40年でした。素晴らしい。なぜ彼女が短編で直木賞をとったのかよくわかります。この文庫の解説で水上勉さんが「芸のある作家」というような事を書いておられます。その通り。30枚弱(12000字)程度の分量で、あれだけ読者を引っ張り、心に何かを残し、かつ豊かな読後感を残せる作家がいただろうか?僕はこの13編の入った「想い出トランプ」が今のところのベストです。
by nestvision | 2005-02-13 23:46 | 読みました!review