イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

『音楽の時間』 わかぎゑふ 作/演出

2011.3.21 Osaka SEKAIKAN

b0025405_8523629.jpg「リリパットアーミーII」も25周年を迎えるそうだ。
現在そのリリパを擁する玉造商劇店配給の『音楽の時間』を観る。
弁天町の「世界館」というなかなか趣のあるいいハコ。
今作では、美津乃あわが客演で出ていたのもあって、期待していたのである。

わかぎゑふ作品は嫌いな人と超好きな人のどちらかにキッパリ別れる。
その感じはものスゴくわかるのである。ある種の”わかぎさん流大阪人的なフレーバー”の好みの問題だと思う。
まさに”上町台地的”ともいえる大阪な感じ。ミナミやキタを完全に無視してる様な世界観。なのに芦屋や手塚山は別格…的なそういう部分が鼻につくのだろうと思う。

劇作家、役者としては本当に面白い作品を多く世に出した人だし、芝居をビジネスに昇華させたという功績は極めて大きいと思う。

さて今作。
とても楽しい作品だった。何よりモチーフにある”音楽”が思想的なものすべてを巧く包み込んで、優しい作品として分かりやすいのが最高だった。

美津乃あわとわかぎの絡みには、思わず吹き出してしまったが、これも下品にならず、職人芸的な笑いの創出に成功していたと思う。



M
by nestvision | 2011-03-22 08:54 | 観ました!review