イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

『月島慕情』 浅田次郎 /著(文春文庫)

ため息が何度も出ました。
感動のため息、絶望のため息、…、本当にいい作品ばっかり。
最初は「浅田ってプリズンホテルじゃん…」と読みもせずに馬鹿にしていたのだが、たまたま新幹線で読むものがなく、KIOSKで買う。
中には7編の短編、そして自作解説あり、桜庭一樹の解説ありで、本当に楽しめたのです。
表題作「月島慕情」はなんというか、胸をえぐられるような感動。
ボクは「めぐりあい」という作品に泣きました。
本当に、短編の中の短編。ボクの中では向田邦子の『思い出トランプ』以来の感動だった。
短編とはこういうものだという教科書のような練られた文章。
思わず、同期Mに震えながらメールを打ちました。
みなさん、絶対に読んでください。小説のスタンダードがここにあります。
by nestvision | 2010-02-10 20:33 | 読みました!review