イシハラマコトのマンボな日常へようこそ☆


by nestvision
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

『アロージャズ・オーケストラ with 欧陽菲菲』 @ BBL

b0025405_213557.jpgビルボードライブOSAKAに、新生アロージャズオーケストラと欧陽菲菲が共演するというので観に行く。
アロージャズは、大将が50周年を機に退かれ、新しいバンマスの元、新しい方向へ向かう、その第一歩。
さすが、アローサウンドは健在で、いらん事は一切弾かないという、ドプロ根性に脱帽である。
そして、デビュー当時、事務所が同じだったという欧陽菲菲が登場。
「雨の御堂筋」や「ラブ・イズ・オーバー」など、往年のヒット曲をアローサウンドで聴かせてくれた。
欧陽菲菲に限らず、この頃の歌謡曲って何かいい。
何だろう?と思っていたのだが、それは”体臭”が曲や歌詞の中にあるのだ。
人間の人間ゆえの”人間臭さ=楽曲の体臭”
そういう日本ならではのソウルがこの頃の歌謡曲にはあったと思う。
本当に素晴らしいボーカリストだったんだなぁ…と感動一入であったのである。
by nestvision | 2009-01-27 02:18 | 観ました!review